2024年12月31日 (火)

2024年下期生活習慣日記

2024年下半期用記録の親記事。 目標体重は70kg未満である。目標体脂肪率は10%切り狙いです。現在、ギリ達成しています。 まぁ、筋量が相当に増えたので仕方ないですね。実質的には現状維持でOKです。運動としては、骨盤矯正体操+峠越えランニングが2014年末頃から加わっています。実質的には、体重72kg、体脂肪率11%未満でOKと判断します。 なお、この記事は個人の備忘録なので、コメントは入...

» 続きを読む

| | コメント (11)

2024年下期バイクトレーニング

自転車日記の2024年下期用である。 前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、 ・やBICECO・・・・・・・・・ 73593km→74069m(+476km) ・フィーちゃん・・・・・・・・・ 2185km→4025km(+1840km) ・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km) ・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→44...

» 続きを読む

| | コメント (11)

2024年7月13日 (土)

コロナ、、、、

相変わらず、言ってる、、、、周りにも家族がコロナ感染したとか聞く。広島県では、『新型コロナ医療ひっ迫注意報』が発令。県内全域で感染拡大傾向なんだそうだ、、、、で、手洗い、換気の感染対策だそうだ、、、、 そうかなぁ、、、、家族は誰も感染しない。誰も感染対策してない。 良く判らないなぁ、、、 でも、、、、、周りの状況から考えると、今年の年末から来年前半に掛けて、高い確率で新しい深刻な感染症が出た!って...

» 続きを読む

| | コメント (0)

アルミ製スタンド

自転車のキックスタンド、個人的には頑丈なスチール製が好み。しかし、調達出来ないということでアルミ製のキックスタンドを取り付けている。 アルミ製キックスタンドというと、異なるインチサイズの自転車に対応出来るようにフレキシブルな構造となっていて、今一安定せず華奢なイメージがあった。 しかし、、、取り付け部を工夫して、頑丈に装着してからのイメージ、頑丈さはスチール製と遜色ない印象。結構ガッチリしている。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

バックミラー

これ、単車では必須装備。最近では激安中華パーツでミラーが売られている。 ただ、中華製激安ミラーと、普通の価格の国産ミラーではクオリティが全く違う。ミラー本体のサイズも違うけど、最も大きな違いは、ステー部分。同じネジサイズでもステー自体が違う。国産品の場合は、中空パイプのモノも少なくないけど、中華ミラーではワンサイズ細いムク棒だったりする。このステーの強度、それからミラー本体の重量とのバランスの違い...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月12日 (金)

125cc

このサイズっていうのは、バイクの基本かもしれない。過去を遡ると、フラッグシップ、スーパースポーツ、、、、というと、思い出すのが神社仏閣のCB92、あれも125ccだ。そして、自身、物心付いた時のプロダクションレースで活況を呈していたのが125ccクラス。初期はCB125JX、その後がCB125Tの大活躍、、、、これが記憶として残っている。 今でこそ、大きなバイクばっかりだけど、昭和40年代に遡ると...

» 続きを読む

| | コメント (0)

油圧クラッチ

基本、機械仕掛けが理想だけど、、、、ブレーキとかクラッチの動作には機械式より油圧式の方が良いかも知れない。 そう思ったのは、クラッチワイヤーが欠品となったCXやガンマでワイヤー交換で苦労したから。 クラッチワイヤーが欠品になると大変、、、、しかし、油圧クラッチというと、構成部品で消耗する部分の要素が汎用となる。となると、、、、そこが壊れて乗る事が出来ないということが無い。 ブレーキが良い例だ。昔の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月11日 (木)

炭酸飲むなら、、、、

お奨めは、サーモスの真空タンブラー、これお奨め。炭酸水を飲む時、ペットボトルで飲む時、グラスで飲む時と比較すると、サーモスのタンブラーで飲む方が数百倍美味しい。 炭酸の効き具合が全く違う。 この違い、タンブラーのステンレス加工、サテン加工というかヘアーライン仕上げというか、そういう表面に傷を付けた処置が効いている。 これが炭酸水中の炭酸を外に出すのに効いているのだ。 炭酸水をサーモスのタンブラーで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ディーゼルメンテ

昔、エスクードのディーゼルターボに乗っていた。目的は燃費。ただ、日常のメンテナンスはガソリン車以上に留意していた。現代のディーゼルとは違うけど、当時のディーゼルでは燃料噴射ポンプを守るために、燃料フィルターを定期的に交換するように心掛けていた。交換インターバルは5000km毎だ。他に、エンジンオイルの汚れもガソリン車より早かったので、オイル交換のインターバルも短め、、、、 あとは、大きくなった車重...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月10日 (水)

素の魅力

エンジンを筆頭にメカニズムというと、複雑化、高性能化というのがセールスポイントになる。しかし、必要な能力を得るならば構造は最低限を目指しシンプルに作るというのも美点として語られる事が少なく無い。 例えば、長らく途絶えていた直6エンジン。これは、RB26DETTとかS20とか、RB20DET-Rとか、凝ったエンジンが人気を集めていたけど、一方で、そのベースとなるようなエンジンも魅力的。具体的にはSO...

» 続きを読む

| | コメント (0)

小排気量多気筒エンジン

これ、トルクは無いけど、粘りがある。緻密な爆発間隔による独特な粘り、、、この納豆のような耐ストール性、、、これは、低速走行が多い車輌には結構重要。 小排気量でトルクを求めると気筒数を減らして活発なエンジンという事になりがちだけど、気筒数の少ないエンジンは、特に回転数が低い時にはトルク変動が大きく、トルクが抜けた瞬間に燃焼が不安定な状態になったりすると、息なりのストールを招く事がある。 これ、ミドル...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月 9日 (火)

ツインといっても、、、

ネットで興味深いニュースを見付けた。『バイクはやっぱり4気筒』というのは過去の話?って記事。昨今は中型車で4気筒搭載はZX-4R、ZX-25Rくらい。それ以外は2気筒。そして、その状況から2気筒は豊かな個性が選べる、、、、そういう話。そこで個性という面で、V型エンジン、ボクサーエンジン、縦置きクランクエンジン、、、、、そんなエンジンが紹介されていてツインは個性豊かという話し。そこから、並列エンジン...

» 続きを読む

| | コメント (0)

教習所的に

バンパーが欲しいのは、免許取得の練習のためにコース、車輌のレンタルして教習shおコースで練習していた時の記憶。これが楽しかったからだ。 自分のバイクじゃない。だから、存分に遊べる。転かしてもOKである。 そんなレンタル車輌、転かしても大丈夫なのは、頑丈なバンパーが付いていたから。 バンパー付きのプレイバイクが欲しい。 バイクは何でも良いけど、バンパーが装着出来る車輌って少ないし、そんなバンパーも限...

» 続きを読む

| | コメント (0)

バンパー、エンジンガード

将来的にCD125Tが欲しい。足周りを変更してチョイノリ、むちゃノリして遊びたい。必須装備としては、バンパー、エンジンガードの類。軽く転かしたくらいでは機能部分へのダメージが起きない、、、、 車輌は確保していないけど、、、、バンパー、エンジンガード、先に調達しておこうかな? 大した金額じゃない。大して保管場所も取らない。 見つけた時に勝っておいて、もし要らなくなったら売っても、捨てても良い。 そん...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月 8日 (月)

BMX

昔買ったフラットランド、GTフィナーレ。これ、エンジンは付いてないけど、二輪車の基本的な扱い、バランス感覚を磨くには良いオモチャ。 バイクと違って自転車のウイリー、駆動力に依存せず、前後の体重移動だけで一輪走行状態を保つ。つまり、惰性だけで漕がない状態でウイリー状態を保ったりする。 面白いのはペグウイリー。ペグに乗ってケンケン乗りをしながらフロントを浮かして走る。これは、普通のウイリーよりも後輪軸...

» 続きを読む

| | コメント (0)

三点支え

昔、RZ350Rで峠で遊んでいた頃、下りのギャラリーコーナーとうヘアピンを使って無茶な遊びを行っていた。当時、ギャラリコーナーは砂が乗ったりしてスリッピーな状態が多かった。 そこで気付いた気付きを一つ。 それまで、膝擦りというと、寝かして膝を擦るとOKという事だったけど、ここで遊んで気付いた事は、、、、寝かして膝を擦る。膝を擦るのではなく、膝で支えるということ。膝で支えると、後輪がスライドし始めて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月 7日 (日)

昔は、、、

昭和50年代半ば、免許取って間もない頃、今思えば、アウトな場所でバイクに乗って遊んでいた。 酷い場所だと、、、小学校の駐車場とか、、、用務員のオジサンと馴染みだったので、日曜夕方に遊びに行って、アクセルターンを見せたり、、、、今やったら逮捕されるだろう。 他には、近年のピストライドしているコース、太田川沿いの堤防道路があるけど、その堤防は河原の河川敷と高低差が10m以上ある斜面がある。そんな堤防の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ビジバイで練習も、、、

さて、定年後のライディングリハビリ、その為に突如物欲対象に浮上したのが、ビジバイ。 具体的にはCD125Tってモデル。パラツイン360°クランク、シングルキャブ、ロータリー変速のモデル。これが気になる。もう廃盤になって20年以上経つけど、探せば無い事もない。 これが欲しい。ただ、変更したい部分もある。具体的には足周り、サスペンション、ホイール、ブレーキ周り。出来れば、CB125T系のキャストホイー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2024年7月 6日 (土)

ヤマハのMT系

登場以来、好評を博している。ツインの700cc、トリプルの900cc、扱いやすく、ハイパフォーマンスと言われて高い人気。 スペック的には魅力的なんだけど、どうも好きになれない。 同じシャーシ、エンジンのフルカウルのR7は好きだけど、ネイキッドのMTとかXSRってモデルはどうも違和感、、、、 コンパクトでカッコイイという意見が多いけど、このデザイン、どうも背が高く長さが短い、、、タンクとシートの落差...

» 続きを読む

| | コメント (0)

キャリパーのフローティングマウント

レーサーレプリカ時代、単車のリアブレーキは制動時におけるサスペンションへの作動性への影響を軽減させるために、フローティングマウント式のリアキャリパーが標準的な仕様だった。しかし、今時のSSモデル等を見ても、フローティングマウント式キャリパーを採用しているモデルは殆ど無い。 キャリパーはリアアクスルを軸として可動するキャリパーサポートに取り付けられており、キャリパーサポートはフレーム側とトルクロッド...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«定年後は、、、