2018年6月30日 (土)

2018年上期バイクトレーニング

自転車日記の2018年上期用である。 前回から今回で、サイコンに記録された走行距離の変化を纏めると、、、 ・スピママGTR・・・・・・・・・・ 45712→48151km(+2439km) ・西DAHON・・・・・・・・・・・・1311km→1311km(±0km) ・オ・モイヨWW・・・・・・・・・・4474km→4474km(±0km) ・HARP CM-1000・・・・・36926km→38...

» 続きを読む

| | コメント (170) | トラックバック (0)

2018年上期生活習慣日記

2018年上半期用記録の親記事。  目標体重は70kg未満である。目標体脂肪率は10%台狙いです。しかし、現状厳しい感じです。まぁ、 筋量が相当に増えたので仕方ないですね。実質的には現状維持でOKです。運動としては、骨盤矯正体操+峠越えランニングが2014年末頃から加わっていま す。実質的には、体重72kg、体脂肪率11%未満でOKと判断します。 2018/1/1の食生活+活動日記 ◎朝食(AM7...

» 続きを読む

| | コメント (169) | トラックバック (0)

2018年6月20日 (水)

チャリダーとライダー

両立している人は、どんなパターンだろうか? 元バイク乗りで、今ローディというのは良く聞く。昔サイクリストで今ライダーというのも割と聞く。 どっちか一方となった人の意見としては、ロードバイクで1日100km以上走った時の充実感でバイクが退屈になったという人も居れば、バイクでの行動範囲を知ると自転車での移動限界に気が付いたとか、、、、 色々だけど、両立している人の考え方には少し興味がある。 まぁ、自分...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加計学園

これが話題だ。 加計学園といえば、加計勉さんを思い出す。1980年代以前の広島の予備校といえばYMCA、英数学館があり、1980年代に河合塾が進出してきた時代だけど、その時代の加計学園グループのトップが加計勉さんである。 英数学館といえば、大学進学のための塾、予備校というもので、今の高校とは違うもの。場所は、広島並木通りの平和大通りを挟んだ延長先の地蔵通り沿いに建っていた。 今は並木学院高校が建っ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソロ

昔と今の二輪車に乗る時の行動パターンの違い、それは、、、昔は、誰かと吊るんで、待ち合わせして、、、と言う事が多かったけど、今は基本的にソロ活動である。 自分でペースを作って走れるし、自分で走るかどうかの判断を下す。個人的には、複数と単独を比較すると単独で活動する方が何となく好き。 単車に乗っている人自体は少ないから、どっちが多いか?というのは判らないけど、自転車に乗っている人は、一時期に較べれば少...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

締めはストレッチ

一日の運動というと、ベンチプレス、自転車を基本にトータル3時間強を行う。 そして、最後は30分程、関節の稼働域をしっかり確認するようにストレッチを行う。 このストレッチというのは、極めて重要のように思う。 ストレッチを入念に行うようにしたのは、ここ2年程の習慣だけど、ストレッチを手軽にしていた頃との違いというのは、関節の可動域の広さ、可動限界迄動かした時に感じる痛みの無さに違いを感じる。 ベンチプ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月19日 (火)

今更ながら、、、、

2016年、シンゴジラが公開された年、話題だった映画が『君の名は』と『この世界の片隅に』の二作品。 公開当初は、『君の名は』が話題に上る事が多かったけど、公開から時間が進むに連れて、話題性は逆転し、最終的には『この世界の片隅に』の方が話題になることが多かったように思う。 でも、話題だったけど、結局、劇場で見る事はなかった。 ただ、WOWOW等で放送されたので、どっちも昨年から今年に掛けて視聴した。...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正直、遅いとは思わない

自転車で走るのは好きだ。ただ、基本は一人で淡々と走るのが好き。自分で決めた自分のペースで思うままに走るのが好き。 それ故に、人と遭遇するのを極力さけるために、時間帯を選んでいる。ピスト走は冬場は夜明け直後、夏場は午前6時台、ヒルクライムは夜間である。 人と遭遇すると、嫌なのはペースを乱されるから。後ろに付けられるのは凄く嫌い。 それ故に、ペースを上げ気味になる。他人に対して、自分が飛び抜けて速いと...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

股下で転がす

単車で走っていて暫く忘れていたというか、意識することを忘れていた乗り方で、昔は意識していた乗り方。 それは、路面のギャップ、うねりで暴れるというか向きが色んな方向に変えられる車体だけど、これは、車体が行きたいようにさせるように扱うのが大事という感覚。 つまり、股下で自在に動かすということ。結果的に単車の大きく傾く事になるけど、単車が行きたい方向に行かせるというのが一番である。ステップワークのみで身...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自動車のヘッドライトは恐い

自転車でライトを点灯させながら走っていて恐いのは、無灯火自転車だけではない。 実は、対向してやってくる自動車。この自動車のヘッドライトで照らされると、こっちからの灯火がかき消されて何も見えなくなる。これが恐い。 センターラインの無い道で四輪車と離合する時は、全く見えないので恐怖を感じる事も少なくない。稀に、対向四輪車が、ハイビームで照らして来る事もあるけど、そうなると視界は更に奪われる。最悪である...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真夜中の無灯火逆走

夜間、団地の勾配を利用したヒルクライム周回コースを走っていて困るのが、街灯の少ない道を走る無灯火逆走している自転車。 特に、下り中に無灯火逆走している自転車に遭遇したら、ドキッとする。 夜間故に路面状況が確認出来ない事もあるので、基本的には速度控え目で走っているから対処可能だけど、真夜中で街灯の無い道路を、無灯火逆走で走る自転車があまりにも多すぎる。 これが一番多いのは、オッサンだ。自転車通勤して...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月18日 (月)

新型ジムニー

遂に、新型ジムニーが情報公開。 この中で関心があるのは、シエラだ。 ジムニーといえば、1992年から3年程JA11型バンに乗っていた。その後1995年にJB31型シエラに乗っていたのだ。1996年からはエスクードに乗り換えていたので、ジムニーは合計4年乗っていた。 で、未だに惜しいと思っているのが、JB31型シエラである。初期型のリーフスプリングで、フリーハブ装備のモデル。出力は70PSで決して速...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブラリー更新

車で視聴可能なDVDライブラリーを追加した。 先日まで行っていたのは『懐メロドライブミュージック』だけど、『ミッドナイトハイウェイ編』だけで終了にする。当初は、地域編を全部作っていたけど、曲目が被っているのと年代的に新しすぎるので辞めた。 その後、『80年代アイドルベスト20』ということで、『松田聖子編』、『中森明菜編』、『小泉今日子編』、『中山美穂編』を作成、更に『70年代アイドルベスト10』で...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャッピー

今日、ガンマの給油にGSに向かった。 給油後代金を精算中、他の単車が入ってきた、、、、 見ると、長懐かしい! ヤマハのチャッピーだ! 高校生の頃、中古で2万円で買って乗っていた奴だ。 思わず話しかけると、オバチャンで40年乗っているとのこと。ナンバーも見ると、区表記の無い広島市ナンバー、、、今の奴ではなく、昔の奴だ。 1978年モデル、、、自分が乗っていたのはレバー切り替え式二段変速だったけど、、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SV650ABS試乗後の初期型SV650Sインプレ

乗り始めて十数年経過。未だに絶好調。チョークを引いてセルボタンに触れるだけでスタート。片肺の兆候は見せず3000~4000rpmで始動。始動後にアイドリングがキープ出来る程度のチョーク開度に調節する。夏場なら三十秒程でチョーク閉でアイドリング1200rpmで安定する。 車体はフルノーマル。変更箇所は、出荷時にサービス品で装着されていたKENZの2本出し、テールパイプだけステンレス削り出しに作り直し...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒルクライム開始7ヶ月

夏にヒルクライムを初めて真冬を過ぎた。7ヶ月経過である。 1周回で標高100mのコース設定を行い、10周回としている。 この10周回をセットと決めたのは開始当初だ。徐々に周回数を増やした訳ではない。 この10周回の所要時間は、始めた当初は70分強、コンディションが悪い時は80分掛かっていたけど、7ヶ月経過時点では50分強で周回している。20分の短縮だ。 このペースで周回出来るようになったのは、始め...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連動

ヒルクライムでの乗り方、腰を安定させるために骨盤の向きを意識したり、そのための固定を確実にするために腕の力の入れ方に注意したりと試行錯誤を繰り返してきた。 最初は、そのような局部の動作のみに着目していたけど、最終的にペダリングの際のトルクを掛けるタイミングと掛ける時間に注意を払ったところ、これまで留意していたポイントが無意識に連動して行われている感覚を得た。 登坂速度自体は大したこと無いかもしれな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年6月17日 (日)

儀式

単車に乗る。跨って、メインスイッチを捻る。そして、燃料コックを『ON』の位置に合わせる。気温に応じてチョークレバーを適切な位置に引く。アクセルを操作せず、セルスイッチを押す。大抵は、ワンプッシュでエンジンは始動する。始動した直後、チョークの引き量と気温のバランスによってアイドリング回転数が決まるけど、全気筒が失火せず、しっかり回転する下限の回転数となるようにチョークの引き代を調節する。 大抵は、2...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

氷点下

気温が氷点下っていうのは、非常に困る。 雪が積もっていなくても、濡れた路面等がバリバリに凍ってしまう。 ヒルクライムコースというと、山登り、山下りである。登坂では問題無いけど、下り、ダウンヒルではコースが凍っているとNGだ。 この冬は、コースの殆どがドライだったけど、一箇所、日影になった部分が午前中に舞っていた雪と濡れた路面が氷のようになっている。それ程迄ツルツルという訳ではないけど、車のヘッドラ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BVR-01の問題点

現在、BVR-01を自転車の後方撮影用に使っている。 単車ではハンドルにマウントして前方撮影用に使っている。 このBVR-01、モデルが一寸古いけど、基本的には満足出来る機能を持っている。 但し、、、一つ不満点がある。 それは、単四電池2本駆動で使うと、録画時間が短いということ。ニッケル水素充電池を使っても2時間は厳しい。 昔の乾電池駆動のムービーカメラの場合、半日ぐらいは楽勝で電池が保っていたの...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«中間排気量