« 睡眠時無呼吸症候群 | トップページ | 福祉ネットワーク »

2006年6月28日 (水)

格差社会

 最近、ニュースや報道で表記の語句をよく聞くようになった。所得格差の拡大、ニート、売れ筋商品の二極化・・・・これを格差社会という言葉で表現する。
 一連の報道を見ても、格差、平等という語句ばかりが先行しているような気がするし、政策論争を見ても今一つフォーカスが見えてこない。所得格差についても所得額の多少を格差と見なしているし、売れ筋商品の二極化においても価格差=格差としている。
 物事の優劣を金額的な側面だけで評価区分するのは難しいのでは無いだろうか?

 人間、生まれてから成人に到るまで、基本的に平等であるが、全ての人に等しく与えられているのは、生活する時間である。その時間をどの様に過ごしてきたかで、個人の価値観が決まる。例え、生活水準が低いと言われる層に属していたとしても、本人が満足しているのなら、それで良いのでは無いだろうか?昨今、出生率アップの施策として、各種手当てを政策論者の分類するところの下層区分に充実させるとかの話も聞くが、それこそ格差を固定化して階級化させるような社会構造を作るように思う。各人が過ごしてきた時間の使い方の違いが個人差であり、価値観の違いである。個人の生活設計、欲求もまた、様々であり、将来に何を願うか?何も考えないというのも、又、個人次第だ。

 目で見える、判りやすく言えば取得金額差を以て格差社会と騒ぎ、その上辺の差を埋めることを至上としているだけのように見える。これって、学歴社会における学歴偏重志向による受験戦争なんかとダブって見える。学歴を身に付けるのは、良い会社に入り高給を得るため。学歴を身に付けるには受験テクニックを修得するため。そのために親は子供を塾に入れる。これと変わらない。結果、みんな取り敢えず進学するとか、肩書きだけの社員・・・。何か微妙である。表面的な事に捕らわれすぎて本質を見抜いていないような気がする。本来、幼少教育においては好奇心、探求心を養うこと。そして義務教育においては、それらを追求するに必要な知識、判断力、訴求方法を与えることであり、これらをどのステージで発揮させるかを個人に委ねることが重要だ。個人の意志を尊重し、個人が目的を持って生きれば、少なくとも個人は己の環境を他に比較して格差を感じることは無いだろう。

|

« 睡眠時無呼吸症候群 | トップページ | 福祉ネットワーク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 格差社会:

« 睡眠時無呼吸症候群 | トップページ | 福祉ネットワーク »