« 胴回り計測が健康診断項目に | トップページ | 熱中症 »

2006年7月14日 (金)

偏執的崇拝に御注意!

 昨日の血液検査で尿酸値が若干高めに出た。
 お医者さんとの面談では、朝夕の納豆摂取(1日2パック)というのが原因だろうとのこと。内蔵脂肪が無くなって、尿酸値自体も半年前に比較すると大幅に減っているものの、若干異常傾向であるのが、プリン体過剰摂取らしい。確かに、中性脂肪、コレステロール改善には効果的かもしれないが、他への影響も当然ある。

 同様に、オリーブ油、ナタネ油に含まれたオレイン酸は、ヒトの血流の改善や悪玉コレストロールの低下に効果があることが分かっている。しかし、その一方でオレイン酸の過剰摂取は、インスリンの分泌量を抑制する効果もあるらしい。インスリン自体は血糖値を正常に保つために機能しており、分泌量が減れば血糖値上昇を招きかねないらしい。

 昨今の健康ブームにおいては、安易に効果的に体質改善、ダイエット成功を目論見、様々な食材が紹介されているが、過剰摂取という形をとれば、様々な弊害があるようだ。

 最も大切なのは、バランスであり、運動、基礎代謝に見合った摂取を保つことである。身体機能は微妙なバランスの上に健全性が確保されているものであり、溢れている情報の偏執的崇拝は逆に疾病を引き起こしかねないので注意が必要である。

 因みに、自分的には納豆の摂取は朝食時のみにしてみようと思う。尿酸値降下に取り組んでいる十分な水分摂取は引き続き継続しなければならんと思う。特に、湿度、気温が高い熱中症になりやすいこの時期では、体力維持と十分な水分摂取は不可欠だ。

|

« 胴回り計測が健康診断項目に | トップページ | 熱中症 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偏執的崇拝に御注意!:

« 胴回り計測が健康診断項目に | トップページ | 熱中症 »