« 2006年総括(仕事編) | トップページ | ケイリンGP »

2006年12月30日 (土)

2006年末、大掃除、挨拶

 今日、30日は、家の大掃除、地元のニシダサイクルさんへの挨拶に出掛けた。

 大掃除では、外構、ポーチ、窓といった外回り主体の大掃除であるが、ここ最近の冷え込みによる気温の低下により、水を使った作業ってのは結構しんどいものだ。明日は、室内からの二階の窓掃除、風呂掃除というところ。掃除の際には、無事に一年が安心して過ごせたのも、家があり、家庭があってのことであり、掃除自体はしんどいが、やる事自体が嫌なわけでなく、当然やるって感じであり、こういう事こそ家族の誰でもなく自分がやるべき事だとも思う。

 ショップへの挨拶では、今回の復活自転車趣味におけるパーツ調達からサイクリング迄、楽しく過ごせたり、自転車好きの常連さんと話しが出来るようになったのも、ショップあればこそであり、一年の感謝と来年もヨロシクという話をしたところ。
 ショップで話すと、ショップのお兄さんとついつい長話をしてしまうんだが、自転車の改造、乗り方等々では意見が合う部分が多く、自身の考え方、取り組み方があながち間違いでは無いなと思えるという、自身の考えに同調してくれる人が居る事で、自分も安心出来る部分もある。
 特に、20年ぶりに始めた自転車趣味だが、その趣味の深化、取り組みが自分でも驚く程の速さで過去を取り戻せたのも、こういうショップがあればこそだと思う。今の自分の満足が得れたのも、こういう人間関係が大きく効いている事であり、感謝の気持ちが一杯である。
 来年にはショップにラングスターが入ってくるし、パーツもお願いしなければならないが、来年も是非ヨロシクお願いしますってところだ。

 まぁ、何にしろ、物であれ人であれ、今の自分が納得できる形にあるのは、周りあってのことであり、昨日から今日に掛けて一年を総括しているが、周りにある全てのモノ、人に対して感謝しているところだ。それにしても、ショップ、人、自転車、単車から家族迄、自分が行動を起こす際には、皆、好意的かつ協力的であり、言葉を発しないモノである筈の自転車、単車にしても、『どうすれば良いよ、ここがもうすぐ壊れるよ?、こうすれば旨く乗れるよ』ってメッセージを発してくれているように感じる。
 これからも、こういう感覚を持ち続けたいものだ。

|

« 2006年総括(仕事編) | トップページ | ケイリンGP »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年末、大掃除、挨拶:

« 2006年総括(仕事編) | トップページ | ケイリンGP »