« 2006年総括(単車編) | トップページ | 2006年総括(仕事編) »

2006年12月30日 (土)

2006年下期総括(自転車編)

 自転車についてはリターンサイクリストとなったのは初夏以降の話であり、一年の総括とはならないが、効果的なダイエットによって得た身体が予想以上に調子良く自転車の世界に戻ってきた。そんなリターンサイクリストであるが、サイクリストに相応しいと思える身体が手に入れれていたせいか、自分の思い通りの走り、改造が昔凝っていた時代以上に簡単に手に入れる事が出来たのが、驚きでもあり、嬉しい誤算でもあった。

 特に、リターンして触れた世界が昔は未経験であった小径折り畳みではあるが、そんな車型にも拘わらず、昔身に付けた自転車に対する知識、走り方というモノをベースに小径折り畳みを自分の思い通りに仕上げ、思い通りの走りの感覚が味わえたのは、予想していなかっただけに大きな驚きでもあった。人がどのように走るか?なんて、興味は無いんだが、多くの人と同行するサイクリングにおいても小径車であることに不満を感じる事も全く無く、20年以上のブランクがあったにも拘わらず、知識と技量が錆び付いて居なかったのが嬉しいところだ。

 未経験の小径車で、今のトレンドを知らないにも拘わらず、西DAHONやマイヨWW作成においては、それらを、どのように仕上げるか?そのために、どんなパーツをどういう風に使い、生じる不具合に如何に対処するか?なんて部分では殆ど迷いが無く、自分の思い通りに形を作り、作った結果がそれぞれにどうか?という所でも、自分の考えた通りの能力が発揮できた。これは、自分の考えが、どんな答えを導くか?という部分で、自分なりの考え方があるがために、結果が予想されて納得できたりしているということを証明している。

 自転車を取り巻く環境、ショップとの付き合い、ネットでの捜し物においても、殆ど苦労はせず自分の都合の良いように周りが動いてくれたと思える一年だった。

 それにしても、自転車っていうのは構造が簡単であり、思い通りの形を作り出すことが比較的簡単であり、それを試すのも簡単である。小さな思い付きを即座に試し、結果を得るということが速くできる部分では、非常に面白い機械であると思う。

|

« 2006年総括(単車編) | トップページ | 2006年総括(仕事編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2006年下期総括(自転車編):

« 2006年総括(単車編) | トップページ | 2006年総括(仕事編) »