« 自己管理 | トップページ | ピスト納車前準備日記 »

2006年12月23日 (土)

ダイエットのトレンド

 最近のTBを見ていると、ダイエットのトレンドは、如何に苦労せず簡単に体重を落とすか?がポイントのようである。まぁ、ダイエットが苦しいと思えば苦しいし、楽しいと思えば楽しいんだが、ダイエットを行うという意識さえも人によって様々だ。

 ダイエット=減量、ダイエット=健康管理、、、色んな考えが有るように、ダイエットを外科的対処で行う人、或いは、サプリ依存、横着フィットネス器具、、、、、実に様々である。
 そして、結果として行う道を選ぶ時は、人によって何を望むか?によって大きく異なるものである。

 ダイエット=体重計の目盛りを減らす事という考えと、このブログの考えってのは基本的に異なるものだ。自分的には体重を減らすって要素は主目的ではない。必要なのは、パワーであり、筋力、持久力、代謝機能のアップである。体重を落とすのでは無く、体組成を変化させパワフルな肉体を手に入れることである。なぜならば、体組成の変化を行う目的が、メインサイトに紹介しているように、クローズドコース、或いは峠道においてレプリカ系スポーツバイクを意のままに操る感覚を取り戻すことであり、単車以上に身体能力と技能の洗練度が必要な特化された用途で用いるロード系バイクを扱いきる感覚を取り戻す事である。

 このブログは、その趣味の世界で気が付けば失い掛けていた要素を再度取り戻すために行った活動の記録であり、目的を達成するための要素が、たまたま単車や自転車の改造、新車調達でなく、自身の身体機能の修正(筋力強化、持久力強化が第一で第二が結果としてのパワーウエイトレシオ軽減のための贅肉除去)であったために行っただけの事である。
 つまり、体組成改造は目的でなく、目的達成に必要な一要素に過ぎないのである。

 逆に言えば、どんな方法でも良いんだが、何のためにダイエットなり体組成改善をするのか?という意識の有無が重要である。(単純に目方だけ減らしたいならば、食わなければ良いし、外科的処置によって脂肪でも何でも取っ払えば良い。)

 結果的にダイエットしたことになるが、自分の方法で手に入れた肉体といえば、浮きまくる静脈、割れた腹筋、隆起した筋肉である。そして、休むことなく連続して5kmを泳ぎ切ることが出来る持久力(泳力?)でもある。目方が減っても、吹けば飛んでいくような虚弱な身体なんかは全く興味が無い。寧ろ、脂肪も無いけど筋肉も無いようなガリガリなんかよりも、脂肪こそ多めだが筋肉もしっかり付いたデブの方が良いぐらい。今の心配事といえば、医者にスポーツ心臓の兆候が見られるってこと。言葉のイメージでは悪く無いんだが、実際には良くもないらしい。定期的な検診で、トライアスリートの心臓みたいと言われても嬉しいような、なんか心配なような感じだ。

|

« 自己管理 | トップページ | ピスト納車前準備日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットのトレンド:

« 自己管理 | トップページ | ピスト納車前準備日記 »