« 柳沢厚生労働大臣 その2 | トップページ | 自転車を取り巻く環境 »

2007年2月 8日 (木)

クローズアップ現代

 今日というか、昨晩のクローズアップ現代では、歩道走行する自転車の問題点をネタとした内容が論じられていた。

 今回のこの内容『歩道が危ない ~相次ぐ自転車事故~』は、昨年末から話題に上っていた改正道交法試案の一つの条項による関心の高まりを受けたものである。

 内容的には、自転車は歩道か?車道か?という結論は付けずに、今後の在り方はどうあるべきか?を投げ掛けるようなストーリーである。
 各自治体における交通社会の秩序確立への取り組みの実例と問題点を紹介して、交通行政の難しさを客観的に解説するような構成だ。

 何にしろ、自転車を歩道に車道にという画一的な区分は非常に困難な様子。
 車道には車両としてのルール、歩道では歩行者としてのルールを作り遵守するしか手が無いと思うのが感想。
 しかし、現実的に思い浮かぶ環境というのは、自転車レーン(車道側、歩道内の如何に拘わらず)が出来れば、その場所の通行が義務づけられるような空気を感じるところ。それ以外の場所は、従来通り(原則車道通行)の扱いとするという空気を感じるところ。
 但し、車道を車両の一員として通行することが原則化すると、もしかして競技用自転車の公道走行が認められなくなるかもしれないなぁ、、、。ドロップハンドルは大丈夫かもしれないが、ビンディングペダルはアウトになるかも、、、。まぁ、要らぬ心配だろうが。

 道交法改正試案が来月にも国会に提出されるらしいが、どうなるか?非常に興味深い所である。

|

« 柳沢厚生労働大臣 その2 | トップページ | 自転車を取り巻く環境 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クローズアップ現代:

« 柳沢厚生労働大臣 その2 | トップページ | 自転車を取り巻く環境 »