« 物が全てか? | トップページ | リビングひろしま »

2007年4月19日 (木)

自転車免許証、効果有り

 今日のネット配信記事で目に留まったのが、自転車免許証が小学生に対しては、安全への意識が高まり効果があったとのこと。(中学生に対しては今一だったらしい)

 思い起こせば、自分が中学生だった頃に、自転車の安全な乗り方教室が学校で開催されて、免許証が交付された事があった。
 当時はといえば、単車に興味があったものの、免許取得年齢に達しておらず、子供心ながら免許証を貰えて嬉しかったように思う。

 しかし、街ゆく自転車をみると、自動車や単車の免許を持っている人であっても、自転車に乗っている時には交通法規を守っているとは言い難い現状がある。自転車と一言でいっても、その形態は様々であり、車ならF1に近いモノから軽自動車に近いモノ迄様々なモノが走っているが、走っている場所は公道という共通したステージである。ユーザーの行為をみると、公道を走るという前提を忘れ、通勤途上における暴走的、競争的な走行を行う人も多い。ロード系バイクの場合は、ビンディング、ストラップの煩わしさのためか、信号無視を見かける事は多い。

 免許証という交通社会の一員であることを認識させる手立ても重要かもしれないが、手軽な道具として自転車に接している人にとっては非常に煩わしいモノでもある。
 単車や自動車が曲がりなりにも法規行動が求められ守られているのは、その罰則の存在のためであり、罰則制度が無ければ多くの人は勝手な運転をすると思う。

 そうすると、自転車に免許を交付するという良心と自覚に訴えかける方法よりも、全ての人に個人の証明書のようなモノの保持を義務化させるか、或いは、自転車自体の登録を管理することで自転車から所有者を特定させる仕組みを有効活用し、取り締まりを確実に行い、登録車両所有者を厳しく取り締まる制度を用いる方が有効かもしれない。自動車の駐車違反はナンバー紹介で所有者を罰する方向に変わったし、自転車でも効果的だろう。現認する必要は全く無いと思う。

 幼児、児童が相手なら保護者に罰則を求め、保護者を通して交通道徳を伝える方が効果的だろうし、保護者自体の自覚も変わるだろう。未登録の自転車の走行を制限することが、不法投棄自転車の減少、迷惑駐輪対策も立てやすいような気がするところ。
 未登録自転車は問答無用で没収、廃棄。違法駐輪自転車は登録番号から反則金振り込み通知書を送り付けるとかすれば、随分住みやすい街になるのでは無いだろうか?
 取り締まりの役を担う警察組織にしても、台数が異様に多い自転車が相手なら、取り締まり専門の自転車取り締まり課でも作ってしまえとさえ思うところ。

 自分自身、所有している自転車は一般公道の雑多な環境では危ない乗り物が多いが、そういう乗り物の能力を試すような乗り方を、そういう環境では行わない。然るべき場所と時間を選んで楽しんでいるが、そのようなTPOを弁えた行動が出来ない人があまりにも多いのが問題だ。

|

« 物が全てか? | トップページ | リビングひろしま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/14774672

この記事へのトラックバック一覧です: 自転車免許証、効果有り:

« 物が全てか? | トップページ | リビングひろしま »