« 他人の目 | トップページ | フィットネス機器、工夫の効果 »

2007年5月28日 (月)

ニューマシン作成計画、始動!

 この度、第5のマシンを製作することになった。

 ベースは旧小林製作所で作られたロードフレームである。小林さんというと、フレームビルダーの中でも有数の方で、今は東叡社に戻られているそうだが、そのフレームをベースに組み上げる。
 話の発端は、ニシダサイクルさんにあったフレームだが、自分が乗るならということで、使わせてくれる逸品だ。

 当初は、安価に誰にでもどうぞ!ってノリでロードの世界を普及するための自転車と考えていたんだが、フレームビルダーに敬意を表し、少しずつ育てて作り手の意志に背かないような自転車に仕上げたいと思うところ。

 今回のフレームはサイズ的には535~540ということで、少し大きめながら各寸法を調べる範囲ではOKっぽい。フレームパイプは、伝説?(1935年の登場以来、高級スポーツ車の定番)のレイノルズ531のフルセットであり、ヘッド小物はカンパという仕様。パイプの結合はイタリアンカットラグ、エンドセットはZEUSである。フレーム自体は、かなり昔のモノで、エンド幅は前が100mm、後が120mmという仕様だ。そうはいっても、昔ならいざ知らず、今の時代にレイノルズ531の自転車に乗れるとは、正直夢にも思わなかったんだが、それだけで嬉しくなる。

 レイノルズ531というと高校、大学の自転車サークル、自転車部時代に乗っていたロードやスポルティーフに使っていたけど、正直、その効果がどうか?というと忘却の彼方である。勿論、当時の最高級品が現代の最高級品と較べてどうか?なんて話はどうでも良く、良く言われるバネ感という感覚がどうなのか?も正直判らないのだが、なるべく、フレームの味が感じられるような構成で作ってみたいところ。

 さて、これからは、、、、、メインサイトの特集記事で随時アップ予定!

|

« 他人の目 | トップページ | フィットネス機器、工夫の効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニューマシン作成計画、始動!:

« 他人の目 | トップページ | フィットネス機器、工夫の効果 »