« 自転車と過ごした連休 | トップページ | 楽しく自転車 »

2007年5月 7日 (月)

脚確認

 ラングスター納車以来、結構走り込んできた。また、納車に備え、想定するギアをホールドして他の自転車でも相当な距離を走り込んだ。因みに、ラングスターでのギアはF44T×R17Tで、展開としては5.4~5.5m程。これを想定してのGTRでの走行は、内装等倍でF52T×R14Tの5.5~5.6m程だが、ラングスターで走る限りは脚が余り気味な感じ。
 そこで、ラングスターのチェーンリングを45~46T程度にするかどうかを検討中である。因みにF46Tとすれば展開は5.6~5.7m程。そこで、本日は内装三段による多段化を図ったGTRにて内装倍率1.36倍の高速側でF52T×R18Tで展開5.8~5.9m程を用いて走ることにした。

 実際に走行してみると、結構負荷が大きくなっているのが判る。強い向かい風ではかなり厳しい状態で、回転数も90rpmに簡単には届かない。逆に追い風になると楽ではあるが、CRの周回では確実に追い風が有れば、向かい風も有る訳で、すんなりとは走れそうに無い。まぁ、これはあくまでも初日の感想だし、連休による脚の疲労もある訳で、この感覚が全てでは無いんだろうが、よりよいギア比はどこか?をしっかり探してみようと思う。

 取り敢えず、このギアでは団地の急坂を上がる事だけは出来そうにないところ。取り敢えず、初日の感想としては、ラングスターでF44TならR16Tは微妙、F45TならR17Tでいい具合、R17TでF46Tも微妙。F45Tが良さそうな感じ。

 ピスト用厚歯のチェーンリングと言えば安くないんで後悔の無い買い物をしなければならない。なお、チェーンの半コマは有るんで取り敢えず問題無し。

|

« 自転車と過ごした連休 | トップページ | 楽しく自転車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脚確認:

« 自転車と過ごした連休 | トップページ | 楽しく自転車 »