« 楽しく自転車 | トップページ | ダイエットして良かった事。 »

2007年5月 8日 (火)

ハエ幼虫で足切断回避

 少し古いネット記事だが、重度の糖尿病による難治性潰瘍にて、従来は足切断しか治療法が無い症状に対して、足切断を回避する治療法が紹介されていた。

 なんでも、壊死した皮膚にハエの幼虫を固定?培養?して、ハエ幼虫に腐敗した部分を食べさせて傷をきれいにして、幼虫の分泌液に含まれる物質に微生物を殺さえて、傷を治そうとするらしい。足を切断すると、糖尿病>>>生活習慣病の改善に不可欠な運動が行えなくなる訳であり、足切断回避によって生活習慣の改善も行いやすくなる。
 この治療法により足切断を免れた患者さんは9割にも上るという。凄いとしか言いようの無い事例だ。

 それにしても、現代を風刺した俳句に冗談めいて引用されて、一種流行語のようになっているメタボリックシンドロームだが、これ=生活習慣病=糖尿病という方程式から、冗談では済まされない事態を招くみたい。こういう状態に陥ってからの生還は、身も心も、金銭的にも、医療技術的にも非常に難しくなるが、メタボリックの手前のメタボチック状態からならば、個人の気の持ちよう次第で、どうにでもなる。

 そう言えば、有名人、芸能人の死去のニュースもメディアで配信されるが、考えてみれば、純粋に老衰という死因で他界した人ってのは少ないようにも思う。××梗塞、肝臓××等々のような死因をよく見かけるが、本来の生体としての機能を全うする前に、何らかの疾病で命を落とすのは勿体ない気がする。

|

« 楽しく自転車 | トップページ | ダイエットして良かった事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハエ幼虫で足切断回避:

» 糖尿病症状 [糖尿病症状]
糖尿病関係の情報サイトを作ってみました。ご興味があればぜひ覗いて下さい。 [続きを読む]

受信: 2007年5月10日 (木) 13時58分

» 糖尿病 [糖尿病リサーチ]
糖尿病は、血液中のブドウ糖がふえすぎた状態が、慢性的に続く病気です。糖尿病は、40才以上の5人に1人がかかっているといわれています。現在、糖尿病は、生活習慣病のなかでも急増して... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 18時45分

« 楽しく自転車 | トップページ | ダイエットして良かった事。 »