« 新メニュー | トップページ | ロード、ピスト、ミニベロ »

2007年5月19日 (土)

高ケイデンスって?

 固定シングルのラングスターはとても面白いんだが、最近、ふと思う事がある。
 それは、ケイデンスって奴だ。普通に漕ぐと90~100rpmで乗る事が殆どなんだが、所謂、高ケイデンスってどのくらいの事を言うのだろうか?それが判らない。

 固定で乗っていると140rpm迄は追い切れるんだが、それ以上は回転数を上げるのは結構、力を伝えて回転数を上げるのは難しいように感じる。頑張っても160rpm程度迄しか上がらない。シングルギアの場合、団地の坂を上がったり、CRを流したりという事もあるんで、そんなに重いギアではなく、700Cで44T×17Tというところだが、このギアでは150rpm程度が現実的なマキシマムとなる。速度的には50km/h程度であり、小径車に乗って、もう少し重いギアで120rpm程度で乗る方が随分と楽だし、速度的には60km/h弱迄伸びる。

 ホントのところ、どういう回転数が良いのだろうか?その辺が曖昧である。大体、世間で言う高ケイデンスってのは、どの程度を指すのだろうか?

|

« 新メニュー | トップページ | ロード、ピスト、ミニベロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高ケイデンスって?:

« 新メニュー | トップページ | ロード、ピスト、ミニベロ »