« 自転車限定一斉取り締まり | トップページ | 一人で楽しむモノ »

2007年5月10日 (木)

ダイエットに効果的なタイプの自転車

 以前、自転車でダイエット効果を期待するのは止めておいた方が良いとの記事を書いた。その理由は、日常の自転車使用においては、継続的にペダリングを行うという状況は稀であり、多くの場合は惰性で進む事が多い事が大きな理由の一つである。
 勿論、郊外に住んでいて、通勤通学に川土手のような停止頻度の少ない経路で通勤や通学できる場合は、それなりの効果が期待できるかもしれないが、それであっても、健康効果を期待しすぎたり、見栄や冒険心で暴走してしまうならば、通勤や通学という本筋から離れた状態故に危険を伴ったりしてお奨めでない場合が多い。

 ダイエット、即ち脂肪燃焼を期待しようとすれば、継続的な運動というのが必須であり、このような継続的な運動を自転車で行おうとすれば、然るべき場所で行うしか手がない訳である。今でも、ダイエットに最も効果的なスポーツは?と問われれば、プールでの水泳と答えるが、自転車でも、車種を選べばダイエット効果が期待できる車種が無い訳ではないと思っている。

 自転車を市街地で利用する場合には、確実に惰性走行とういのがあるけど、この状態は完全に身体的には休んでいるという状態であり、脂肪の燃焼というのは身体を動かして初めて期待出来る効果である。そのように考えると、そうだ!今の愛車の一つである固定ギアのラングスターのようなモデルならば、走っている限りは好む好まざるに依らず、常にペダルは回転して脚は動かしている訳であり、固定ギアに乗って走る事は、自転車でダイエット効果を期待するならばベストな選択か!と、ふと思ったところ。

 とは言っても、スポーツサイクル未経験者のような人が前傾姿勢+足固定が前提の固定ギアに乗るのは大きな危険を伴うと思うのでお奨め出来ないが、過去に固定ギアの経験を持ちながら、生活に追われて贅肉脂肪で身動きがとれない人にとっては、固定ギアの自転車を選ぶってのは、ダイエット目的ならアリだと思うところ。

 最近は、固定ギアに乗るためのフリーを使わないペダリングを半年近く続けてきて、実際にラングスターを納車した後も、他の自転車で漕ぐ時には、無意識的に脚が回り続けている。なんか、惰性で進む事自体に違和感を感じているが、そのような乗り方が出来るようになると、どんな自転車に乗っても一定のダイエット効果は期待できるように思う。

 誰にでもという訳ではないが、ダイエット効果に一番効果的なのはピストのような固定ギアバイクだ。

|

« 自転車限定一斉取り締まり | トップページ | 一人で楽しむモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイエットに効果的なタイプの自転車:

» ビリーズブートキャンプ [ビリーズブートキャンプエリート アメリカ最新バージョン]
ビリーズブートキャンプエリートは、従来版と違い負荷の調節が可能!! 新型ビリーバンドは持つ部分のキャップを外して中の重りを取り外すことが出来ます。 ゴム部分を取り外せばダンベルとしてもご使用いただけます!! 日本語の字幕は出ませんが、TV画面と同じように動けばOK!! しっかり食べて運動して健康的にダイエットしたい!基礎代謝がアップすれば、寝ている間もどんどん脂肪を燃焼する、燃焼系ボディに大変身!... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 02時19分

« 自転車限定一斉取り締まり | トップページ | 一人で楽しむモノ »