« 二人暮らし5日目 | トップページ | ビリーズブートキャンプ・ライブ »

2007年6月25日 (月)

774コメント紹介

 今朝のメール確認では、半荒らし的なコメントがブログに届いたというメール通知を見付けた。
 以前、峠で遭遇した普通自動車に絡む単車乗りにカッとなった記事を書いたけど、それに対するコメントで、『あなたも哀れですね』との内容。名前も無ければ、メアドも無いんで、真意は不明だが、IPから広島の住人っぽい。案外、本人様か?とも思えるんだが不明だ。
 この記事には『峠 広島 走り屋』という検索ワードで辿り着いた様子。このIPの逆引きと該当IPの出没域検索から特定できるんで、そこから判断すると、どうやら、現在広島在住の『昭和30年代生まれの大人?趣味がドライブ?これがホントなら年上か?』さんらしいが、、、。この方のサイトのBBSを見ると掲示板スパムに対して紳士的な振る舞いを為されているが、名無し投稿される辺りに本人さんもスパム投稿に類似した行為をすることに違和感感じないのかなぁ?自分のサイトでは、通報!通報!って騒いでるが、、、、。

 自転車、単車、自動車を公道で使うという時に遭遇する他の車両ってのは、顔見知りでも無ければ、完全に他人の訳であり、他人に絡むって行為自体が『ウザイ、哀れ』って言っているのだが、その真意が伝わらない様である。大体、『走り屋』って存在に対して、否定も肯定もしないけど、それ以前に見境無く絡む奴ってのが、走り屋かどうか以前に不愉快なだけだ。
 もしかして、コメントを投稿した奴ってのは、『走り屋』≒『絡み屋』と勘違いしてるんだろか?急いでいる奴は先行けば良いし、他人が急いでるんなら先行かせれば良いだけの話だが、抜かれたら抜き返す、抜かそうとしたら抜かせないってのは、アホ丸出しって話だ。ましてや、意味もなく絡むってのは最低って話だ。

 各人が走っていて、前走車が遅ければ勝手に抜いて先行すれば良いし、前の車に無理に追いつこうと自分が無理するのも馬鹿野郎である。気心に知れた者同士が、競る気分を味わうってのは勝手だが、他人に絡んで、勝った、負けたで一喜一憂するのが判らない。特に、今回の場合は、道を譲ったにも関わらず追い抜かずに車間を詰めた走りをするアホな単車乗りに対しての文句を言っただけなんだが、、、。
 仮に常連が集う峠などで、知らない者同士とは言え、走っている最中のアイコンタクトで競るというモードに互いが入った上での話なら、いざ知らず、峠仕様?で攻めているバイクが、一般車両に煽りを入れるってのは如何なものか?と言わざるを得ない。
 知った者同士のツーリングでも言える事だが、前走者のペースに無意識に引っ張られて後続で自爆する人も居るけど、走っている最中に一番大切なのは『身を守る意識』であり、己を見失わない冷静さが必要なんだが、集団行動による気分の高揚化ってのもいただけない話だ。

 『哀れ』という言葉は、見境無く他人に絡む精神構造を示している。更に、踏み込んで言うとすれば、自分の身の程を知らず無理をして事故を招く奴も『哀れ』と言わざるを得ない。また、無責任な言葉で、焚き付ける奴も今一感が強い。

 こんな事を言うのは、ツーリング中にワインディング区間で対向車にぶつかりそうになった話、或いは、山間部の道路での無理な追い越し操作の後に、半身不随となるような事故に遭遇した奴、或いは、免許取り立てが最新の単車の速さで無謀運転している様を見て、それを速いとはやし立て、煽てられた奴が亡くなってもなお、別の同じ様な奴を『速い、速い』と煽てる奴が居るからだ。

 実際に、身の回りでそう言う事故が起こっているのは、単車好きなら一人二人は居ると思うけど、その不幸に遭遇した奴ってのは、その境遇に陥る要素というものを持っており、その要素の中に、本人の尖った競争心、自尊心、他人への煽て、といった要素が含まれていると思うからだ。

 公道においては、安全第一、他人への不干渉というのが大原則では無いだろうか?

 でも、広島って土地柄に限らないんだろうけど、急な進路変更でガンをとばしたり、狭い道を大きな車で突っ込んできたり、逆走、信号無視、煽り運転といった怖い人達が多いような気もする。最近は、横断歩道で待っている歩行者に対して一時停止する光景ってのも、殆どない。歩行者にしても、ガードレールを乗り越えた急な飛び出しをしながら車両に文句を言う人の方が多いのも事実だが、マナーを守り、他人には不干渉という公共空間で過ごすルールが守れてない世の中のように感じるところだ。
 まぁ、ネット社会でもルールを弁えた人ってのも実際少ない。スパム投稿、勧誘メールも膨大だし、少なくとも、発言や発信においては、身分を明かす必要は無いが、礼をつくすではないが、名を名乗るというマナーは人として最低限必要では無いか?

 ネットもリアルな交通社会も、他人との共存社会であり、原則として他人には不干渉で、コンタクトがある場合は、礼を尽くし、ルールは当然、マナーを守る。って当然の事が出来ない奴が多いのは、人格の本質の部分で、破綻していると言わざるを得ないようにも思う。一見、常識人、善人っぽく見えて内面的には偽善者って奴は結構多いし、幼稚な奴も多い。勿論、故意に悪意を持つ奴も、、、、。

 一言コメントに対して、反論を記事としてアップしている訳だから、何らかの返答があるかな?是非、コメントに到った思考回路を論理的に説明して欲しいものだ。

|

« 二人暮らし5日目 | トップページ | ビリーズブートキャンプ・ライブ »

コメント

折角、新記事でコメントアップしたんだけど、流れてしまう。
在広さ~ん、おーい!反論は?

投稿: 壱源 | 2007年6月28日 (木) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 774コメント紹介:

« 二人暮らし5日目 | トップページ | ビリーズブートキャンプ・ライブ »