« 公道練習は可か否か | トップページ | メタボ侍、逝く »

2007年8月17日 (金)

子供の糖尿病

 今日、正確には日付が変わってるんで昨日だが、地元のローカルニュース内の特集で、表題の子供の糖尿病についての特集が為されていた。
 番組の構成としては先天的な原因による1型糖尿病を患う子供達の苦労と、最新のインスリン注射を携行して打つことで、何ら健常者と変わらない生活が送れるようになってきたという話の入りから、最近の子供の糖尿病の80%は実は大人と同じ2型糖尿病を患ってきているって話である。
 一例としては、中学で糖尿病を発症する例を取り上げて、そういう場合は、小学生時代から肥満傾向が強いという紹介である。

 そんな話を聞きながら、自分方の子を見ると、上の娘は自在に菓子を食いまくる。決して、肥えている訳ではないけど菓子食い過ぎ。
 下の子は生まれたばかりなんだが、異様にデカイ。デカサを実感するのは腹周りの肉づき。見るたびに、これって大丈夫か?って心配になる。

 オヤジは健康に気を遣うようになってきたけど、そういう考えは若い子供に伝えるのは難しい。しかし、生活習慣への気配りで回避可能な2型の糖尿病なんかには掛からないのが理想だが、その糖尿病の恐さってのは、子供に伝える事自体難しい。

|

« 公道練習は可か否か | トップページ | メタボ侍、逝く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子供の糖尿病:

« 公道練習は可か否か | トップページ | メタボ侍、逝く »