« 夏休みまとめ | トップページ | 脱、喫煙生活開始! »

2007年8月 6日 (月)

筋違いの治し方

 筋を違えるって症状は、力は掛かっていなくとも無理な姿勢を取ることにより、筋肉になんとも言えない痛みを伴う症状である。
 筋肉の内部に痛みを感じるということは、当該部位が炎症を起こしているということであり、炎症が起こっている事は今正に修復が進んでいるということでもある。
 この痛みから如何に早く開放されるか?つまり、如何に違えた筋の部位が治すのに効果的な方法は何か?というと、痛みの元が、そこから無くなることが大切であり、炎症を起こしている部位における新陳代謝が活発になるってのが理屈かも知れない。

 そんな事を考えると、運動等で筋を違えた場合ってのは、それに近い運動を軽負荷或いは無負荷で行って、炎症を起こした筋肉における血液の入れ替えを促進させるのが有効なのかなぁ?と思ったりもする。

|

« 夏休みまとめ | トップページ | 脱、喫煙生活開始! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筋違いの治し方:

« 夏休みまとめ | トップページ | 脱、喫煙生活開始! »