« チャリ力の変化 | トップページ | スズメバチの巣 »

2007年9月12日 (水)

NYテロ、6年

 昨日は9/11ということで、ニューヨークのテロから丁度6年である。
 テロの現場では急ピッチでビル建設が進んでいるということだが、アメリカ国内では国産テロリストの恐怖ってのがあるらしい。

 ところで、日本でもテロ特措法とういことで11/1で期限切れとなる法案の延長あるいは新法の成立を目指す与党と、阻止する野党の論戦が始まる。

 テロって語句を単体で考えると、あってはならない事だろうけど、あのイラク戦争とはテロ撲滅を目的とした戦争だったのか?というと微妙であり、国際世論的にも、あの戦争やその後の戦争がテロとの戦いの戦争であるとは言い切れてないような感じである。

 今回のテロ特措法延長の賛否も世論は完全に分かれており、どちらかというと延長反対の方が多いようであり、政府与党のテロ特措法=テロに対する国際協力って論法は弱い印象が否めない。

 911テロはNGだが、その起源を辿れば、それはアメリカ資本主義とイスラム圏の価値観の違い、或いは、地域の利権を巡る争いの果てが原因では無いか?
 思想的に異なる民族が世界には共存しており、一方の価値観で他方を図る事は不可能であり、それが当然であることは皆認識している筈なのに衝突が起こるってのは、衝突で負うリスクを上回る旨味ってのが価値観を押しつける方にとってあるんだろう。

 今回のテロ特措法延長に掛ける政府の熱意と国民の意識の温度差が異様に大きいのが印象的だが、果たしてどうなるか?

|

« チャリ力の変化 | トップページ | スズメバチの巣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NYテロ、6年:

« チャリ力の変化 | トップページ | スズメバチの巣 »