« ベンチプレス | トップページ | 物欲 »

2007年9月30日 (日)

激安折り畳みチャリで帝釈峡!?

 今しがたテレビを見ていたら、広島ローカル放送番組内の企画で、芸人さん(フロントラインの古島さん)が広島から帝釈峡まで激安の変速無し折り畳み自転車で行くという無謀な企画を放送してた。なんと、所要時間は15時間30分ということ。これは、速いのか遅いのかはよく判らないが、過去を振り返ると、大昔の7月24日の午前0時に出発して庄原通過が夜明けの朝日を浴びて、帝釈峡といえば朝早い時間帯に到着したのを思い出した。
 ふと、当時のサイクリングを思い出したけど、その時は帝釈峡の上帝釈に最初ついて、史跡の遊歩道を自転車を押して紅葉橋迄いったのを思い出す。確か、紅葉橋についた時刻が午前10時頃だったと思う。ただ、その時は、当時で21段変速(前3枚、後7枚)のスポルティーフだったんだが、このテレビでは、激安折り畳みという所に凄さを感じる。

 さて、話は変わるが、このテレビ番組の前には、無性に炭酸飲料が飲みたくなり、地元のスーパーに出掛けたのだが、店の前にピストバイクが駐車してあった。ブレーキ無しは頂けないが、フレームは黄色でクロモリ、リアハブはサンシン、クランク周りは歯数的には48T程度、後は16T程度で結構重めの仕様。前ホイールは3本エアロスポークという仕様。
 こんなバイクに乗る人がこんな時間帯に居るんだと驚いたところだが、スーパーの店内で見掛けたのがガッチリとした体つきのお兄さん!格好的には最近の若者風なんだが、脹ら脛が強烈に発達して見た印象では45cmはありそう!
 直感的に、この手の人には間違いなく敵いそうにないなぁ!って思ったところ。

 最近、街でピストバイクを見る事も増えたけど、ガリガリファッション系ばっかりだったんだが、今日見たのは乗り手の脹ら脛の印象が強烈であった。

|

« ベンチプレス | トップページ | 物欲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 激安折り畳みチャリで帝釈峡!?:

« ベンチプレス | トップページ | 物欲 »