« 年金横領、政治と金・・・・ | トップページ | 禁断症状 »

2007年9月12日 (水)

お~ぃ!安部!

 安部総理大臣が突然の辞意表明という事だ。
 何で、この時期の、このタイミングで?って所だ。一番不味いタイミングではないか?辞めるにしてもスマートに、或いは、強気にとかあろうに、国会が始まって、所信表明して、さてこれからって時に辞めるのは?????????????
 辞め方が格好悪すぎで、理由も論戦前に負けを認めるような言い訳ではNGだ。

 さて、このタイミングで辞意を表明した今、政局はどう動くか?

 全く勝手な意見だし、今の与野党の衆参ねじれ状態ってのはNGって意見も聞くけど、数の論理で強引な法案成立を謀ってきた通常国会に較べると、議論が深まる分、ずいぶんとまともとも思える状態だったんだが、、、、

 今の与党に期待出来る要素は殆ど無かったけど、舛添大臣の露出は結構国民受けが良かったのでは?とも思える。舛添さんも拍子抜けでは無いだろうか?今回の辞意表明は、野党からよりも与党から不満というか不平の声が大きくなりそう。
 今の状態で誰が継ぐか?誰も継ぎたく無さそうだし、一体どうなるんだろうか?

 それにしても、テロ特措法で政治生命を賭けるとまで言い、それを内外に宣言した上で、帰国直後の辞任表明ってのは、自らがテロ特措法の延長を断ったようなものである。
 民主党の国連の・・・・という枠組みに乗った上での給油活動継続の落とし所はあった筈であるし、民主党の真意としても、そういうポイントを狙っていたのでは?と思えるのだが、その読みは無かったのだろう。悲観的観測からサジを投げたような結果である。

 テロ特措法、拉致問題といった状況を上手く合わせながら世論を誘導する時間は有った筈だし、そういう戦略が取れれば民主党の顔を立てつつ結果を残せば支持率も回復できたと思うが、辞意を表明した上で、民主党が主導してテロ特措法を断ちながらも給油活動を続けるという現実的な選択をしたならば、与党の立場は完全に無くなってしまうかも、、、。
 まぁ、テロ特措法の問題を乗り切ったとしても社会保険庁の不祥事を立て直す妙案や、これまで宣言した約束事は期限内に行えないだろうから、どのみち息詰まるんだろうが、逆に、これまでの約束事を反故にしてしまいかねない辞任劇にも見える。

 今回の辞任表明によるダメージは与党にとって計り知れないものになりそうだ。

|

« 年金横領、政治と金・・・・ | トップページ | 禁断症状 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お~ぃ!安部!:

« 年金横領、政治と金・・・・ | トップページ | 禁断症状 »