« 風にのるのか?ブーム(風潮)にのるのか? | トップページ | (台)風に乗って、新記録!? »

2007年9月15日 (土)

成人病検診

 民間企業に就職すると、年に一回は健康診断がある。
 一般検診は大した内容(胸部レントゲン、身長、体重、視力、聴力、血圧程度)ではない。しかし、成人病検診では、便、血液の検診にバリウムを飲むという胃部健診がついかされる。
 この血液検査によって、身体の状態が割りと正確にわかる。

 しかし、この成人病検診ってのは35歳からの受診であり、35歳の段階でメタボリック状態になっていると、出てくる数値自体から危機感を感じる事は結構少ない気がする。
 実際に、自分の場合を振り返ると、35歳の段階で、中性脂肪、尿酸値が異常値であったけど、身体の不具合を実感する事はなく、異常値自体で身体の平衡が保たれている。という謝った認識で、異常値自体を個人差って認識で流してきた。
 その根拠には、異常な数値を心配して、相談員の方から話しを聞いた時には、中年になると、この程度の異常は普通ですよ!?って助言を頂いたのもあるが、数値の異常に対する危機感が本人はもとより、相談員の方にも無かったのもある。

 しかし、40歳を過ぎて実際にダイエットを行った後に血液検査を受けると全ての数値が一般的な正常範囲に入っている事に驚く。
 つまり、それまでは異常であっても勝手な解釈で普通と思いこんでいただけで、実は危機的な状況であったわけだ。

 ここに、生活習慣病の恐さがある。当人に不具合が実感されないがために、異常な数値を個人差で普通だと解釈するという恐さである。
 この恐さってのは、実はダイエット等をして検査数値が世間で言う正常範囲に戻る事を目の当たりにしない限り実感できないというのも怖い話である。

 ダイエットして本当によかったと思うところである。

 今現在、検査数値に異常は全くないが、身体の動きというか機能というか抽象的ではあるが、身体の調子は明らかにダイエット前に比較すると改善されている。検査数値の異常は、身体が実は不調を抱えているのだが、変化が徐々のために、不具合が実感できなかっただけであり、検査数値が異常な方は是非、検査数値が正常になるように努力されると良い。その時、初めて、実は身体が不調を抱えているってのが実感出来るはずである。

|

« 風にのるのか?ブーム(風潮)にのるのか? | トップページ | (台)風に乗って、新記録!? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 成人病検診:

» 日本人のダイエットへの関心の高さ [メタボリックシンドロームを予防するダイエット・健康大作戦]
メタボリックシンドローム(所謂「メタボ」)である中年親父が、脳梗塞、心筋梗塞、糖尿病、癌などで、若死にしないための、ダイエットと健康を考える日々の記録。 [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 01時45分

» コロコロママ [コロコロママ]
私はデブです。だからどうした! いろんなものに挑戦しています。 それに使ったおススメグッズを紹介していきます [続きを読む]

受信: 2007年9月16日 (日) 15時57分

« 風にのるのか?ブーム(風潮)にのるのか? | トップページ | (台)風に乗って、新記録!? »