« 喫煙と認知症 | トップページ | 新しい技術への取り組み »

2007年9月 4日 (火)

見え透いた嘘

 表題のような嘘を付く奴が大嫌いだ。

 でも、世の中、とっさの中で嘘と付く奴が結構多い。でも、とっさの嘘ってのは、話の流れがぶった切れてるんで直ぐ判る。こういう嘘を付く奴は、浅はかな考えの上での嘘故に、一発で矛盾が露呈する。
 後から言い訳が出来ない嘘なんぞ、付かなければ良いのにと思うんだが、嘘を付く奴は何回も繰り返し低レベルの嘘を付く。

 嘘を付く奴の知識の無さについては、そんなものかと納得できるのだが、何故、嘘を付くか?が理解出来ない。知識の有無以前にとっさに嘘を付いてしまう習慣が許せない。

 とっさに浅い考えで嘘を付く奴ってのは、体裁を取り繕う事ばかり考える奴。体裁を取り繕う奴は、大抵の場合、本当の事が判っていない奴が多い。
 体裁を取り繕う奴は、人から良く思われたい奴で、自身の人からの評価を気にする奴が多い。そう言う奴に限り、見栄の張りたがりであったり、結果ばかり欲しがる奴だったりする。

 結果ばかり欲しがる奴ってのは、手順を疎かにする奴。

 こういう奴の極致が、モラルに欠けた拝金志向であったり、僅かばかりの金額で人の命を奪う奴だったり、或いは、公式ばかりを覚えて答えを求める事だけしか考えれない奴だったりする。

 もっと言えば、こういう奴は、現代の点数主義的な教育制度で公式を覚え、点数獲得テクニックのみを身に付けてきた奴だったり、全ての物事を金額の額面でしか判断できないような奴だったりする。

 そういえば、今日(正確には昨夜)、NHKのクローズアップ現代で『すぐキレル大人』ってのがテーマだったけど、キレル大人の解説で印象に残ったのが、『問題に対して直ぐに答えを求める気質』ってのが印象に残る。
 『鬱病や他人への攻撃性』ってのが、社会で抱えるストレスって話があるけど、本来、ストレスってなんぞや?ってのもんだ。相手が役員だろうが社長だろうが、言いたい事は言えば良い。言えぬは自分の愚かさなりだ。言いたい事は、最初から言い続けていない限りは、言えるものではないが、組織に属して、言いたい事を言わずに過ごしてきた人間のなれの果てがストレスを抱えているだけのようにも思う。
 最初から組織で言いたい事を自信を持って言い続ければ、組織をそいつをそういう奴だと判断する。結局は、ストレスを抱えた奴ってのは、本人に問題があるのではないか?
 キレル大人ってのは、世代の抱える問題ではなく、受けてきた教育というか教育制度で養われた価値観による人格破綻の結果のようにも感じるのは言い過ぎだろうか?

 まぁ、番組のキレル場面の再現では、キレル大人の相手にも問題があるような気がしないでもない(歩道でベルを鳴らす自転車も、満員電車で携帯で喋る女も、、、再現故に聞き取り後の再現なんで、現実の場面での自転車のベルの鳴らし方、携帯女の口調って部分も実際どうだったかは怪しい、モラルが無い人が多いのは確かだし、そういう社会自体のモラルが失われている事を認識する側のキャパが不足しているのも確か)が、、、。

|

« 喫煙と認知症 | トップページ | 新しい技術への取り組み »

コメント

ほーい!録画予約済みです!
9月はグランツール最終戦のブエルタ・ア・エスパーニャ!観戦中です。

投稿: 壱源 | 2007年9月 4日 (火) 23時51分

今日9/4 NHK総合 26:55~ です。→
02:55
世界最大の自転車レース 2007 ツール・ド・フランス(後編)

なお前編は録画していたのですが、妙に時間がずれていて後半が切れてました・・・(>_<)

全く関係ないコメントですみません。

投稿: morimoiri | 2007年9月 4日 (火) 22時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見え透いた嘘:

« 喫煙と認知症 | トップページ | 新しい技術への取り組み »