« リターン組の憂鬱 | トップページ | 消費税試算、17%? »

2007年10月18日 (木)

脳梗塞の予兆

 さっきの報道ステーションの特集での話。
 何でも、脳梗塞には予兆というか前兆のような症状があり、その予兆をキャッチして直ちに治療を受ければ大きな脳梗塞に到る前に治療が可能という話である。

 特集の中での患者さんの治療風景では、脳梗塞によって梗塞部分の血栓をカテーテルで除去した後に血栓というモノを生で撮影していたが、原因がコレステロールの塊でべっとりドロドロの粘液性物質である。その粘液性物質が血管に詰まって梗塞を引き起こすのだという。

 因みに、血管のつまりは急激に起こるのではなく、血管の内壁に血栓物質が徐々に付着して完全にふさがる前に、時折便秘的な症状が現れるらしいが、それが予兆というものらしい。番組ではTIA(一過性脳虚血発作)と紹介していたが、そういう症状が自覚されると後遺症を遺す脳梗塞の手前で治療が可能なんだそうだ。

 ところで、最近の脳梗塞治療では、内径が狭くなった血管部位に金属製のメッシュのような管を入れて、該当部位でメッシュを膨らませて血管を広げて梗塞を防ぐ方法が開発されているそうだ。この方法をステント法というらしい。

 そんなモノを眺めながら思ったのは、血管の内壁にメッシュというか格子状のステント管を設置するのは、如何なものか?っていう感想である。
 というのも、非常に粘度の高いコレステロールが循環している血管内に、凸凹上の管を設置するっていうのは、積極的にコレステロールを捕集するような物理的トラップにも見えたからだ。
 また、このステントという物質は金属で出来ているらしいが、人間の体液というか血液っていうのは、高度な腐食液でもあり、本当に大丈夫?っていうのが感想である。

 根本両方は、血中コレステロール濃度を下げることであり、コレステロールが高い状態で、物理的延命処置をするのは本当に正しいことなのか?とふと、考えてしまう。

 自分もそうだが、人間誰しも、元気に長く生きたいという願望があるのは確かであり、そういう意識が医療技術を発展させてきたのは事実であるが、疾病というのが或る意味摂理的な法則によって発生するならば、疾病対策というのは、対処療法による方法ではなく、生体の本質的な機能を活用した対策療法、つまりは、日常の健康管理を行う意志こそが、疾病回避による長寿願望を持つための必要条件のようにも思う。
 不摂生と堕落的な生活を続け、対処療法的な医療で生かされるっていうのは、生きているのではなく、呼吸させられているだけのように感じるのは自分だけだろうか?

 生きるとは、意識を持って生かされているのではなく、自分の意志で好きな事が出来る状態を保つという事のように感じる。何も出来ず、目が開いているだけという状態っていうのは何か違うような気がする。
 世代間ギャップや、若者からの老人批判、老人からの若年批判っていうのはあるけれど、昔は、老人の若年批判は尤もだと思う所ばかりだったけど、最近は、活力を失った生かされている老人のやりたい事が出来ないフラストレーションからの八つ当たりというか、古い価値観の押しつけも少なくないと思う事が多いが、よ~く、見てみると、そういう世代批判を行う老人ってのは、健康上、何らかの不具合を抱えている人が極めて多いのも事実であり、色んな事が頭の中で結びついているところである。

 人間、誰しも歳を取って、怠惰な生活を繰り返すと、自由となる体を失い、健康を害して老いていくが、それを当然と思い受け入れると、今見る周りの口うるさい年輩世代っていうのは、未来の自分の姿って場合も考えられる。
 何て言うか、自分の好きな事が続けられる活力を身体に養う生活をしておけば、先の重大疾病とも縁は遠くなるし、恐らくは、今の自分に満足する事が出来、時代なりの自分の欲望を求め実現するという生活が得られるだろう。
 そういう、個人の本質的欲望が充足した状態では、おそらく排他的な意見や主張は生まれないのでは無いだろうか?

 話が脱線したが、人生は生かされて延命されるものではなく、意志を持って生きるために行動するというのが、肉体的にも精神的にも満ち足りた状態で楽しめる人生を得る秘訣のように思うってことが結論である。肉体的な健康は、摂理的に疾病と縁の無いコンディションを維持すれば良い訳であり、精神的な健康とは、本質的に自分のやりたい事が出来れば一番満たされる筈である。そういう状態こそが、妬み、嫉妬、排他といった感情が消え失せ、広い世代が互いを認め合う社会を作る必要条件である。

|

« リターン組の憂鬱 | トップページ | 消費税試算、17%? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 脳梗塞の予兆:

« リターン組の憂鬱 | トップページ | 消費税試算、17%? »