« GTR!一本取られました!! | トップページ | 台風20号発生!?今日は大丈夫? »

2007年10月26日 (金)

頑張れ!亀田一家!!

 今回の騒動は長引いている。亀田三兄弟に対する世間の見方は、ここ何ヶ月かで随分と変わってしまった。日本に限らないけど、社会の風評というか、評判っていうか、噂っていうか、怖いものである。
 今回の件に限らず、ニュースとしてホットになるのは、ニュースソースの対象の立場が急変するようなネタのようである。立場が急変するっていうのは、肯定派、否定派の双方に強烈な指示を表明する存在があるっていうのが前提であり、ニュースとしてのインパクトはソース本体のインパクト以上に、周辺の取り巻き連中の熱さによって決まっているのが最近の傾向である。今回の盛り上がり?は、熱き肯定派、熱き否定派っていうのが存在し、その盛り上がりに調子に乗ってしまったソースがあり、チョットした(といえば語弊があるかもしれないが、)行き過ぎによる、風向きの変化と、その変化に対して、元々の肯定派が急に静かになり、全てが否定派になるという構図に見える。

 今回の騒動の判断については、良く判らないけど、何て言うか、10代の子供達と、その父親の境遇と年齢を考えると、この空気は気の毒で仕方がない。因みに、父親の史郎氏は私と多分同世代である。
 前の記事にも書いたけど、ボクシングっていうのは標的を定め、そこを狙う格闘技であるが、一言で言うとルールのある殴り合いである。そういう格闘技で一方的な劣性となったときに、十代の少年の衝動、その肉親の感情を考えると、画一的に故意による反則行為、煽り行為という事で片付けて良いか?っていうと、その事態における精神状態から考えると、かなり割合で衝動性があったのでは?と思ってしまう。
 前にも言ったけど、そこで反省すべきは、そういう事態において衝動性が全面に出かねない肉親のセコンドを禁止するというルールを軽視したプロモーターに最大の責任があると思うのは間違いだろうか?

 その思いが、個人の思いから、チョットした確信に変わりつつあるのが、自分の今の心境である。それは、昨日のニュースで協栄ジムの金平会長の一言によるものだが、その一言とは、彼は、ボクシング界の事を『世界』と呼ばず『業界』って呼んだ事である。その時の自分の感想は、

『そうか!ボクシングってスポーツは業界なんだ!業界だから最初の肉親セコンド不可を軽視して興業性を重視したのか!』って事である。

確かに、マッチメークして観客を集め、興業とするっていうのは間違いでない訳だ。しかし、私の同じ感想を持っている人っていうのは結構居るのでは?とも思う。興業における競技性の不可侵域を確保する事がスポーツ興業の一番の難しさであり、今回のような、後味の悪い事態を将来再び起こさせないために何が必要か?をアピールする事の方が、亀田一家に対する扱いをネタにするよりも大事だと思うのは気のせいだろうか?

 一説には、史郎氏解雇って話もあるようだが、親子の思い、これまでに歩んできた親子の信頼関係って部分を考えると、他にも選択肢があるのでは?とも思う。子供達の教育ってのも重要だが、父親の成長も不可欠である。しかし、業界(利益追求のための集まり)である以上は、人間教育の場には成り得ないのかもしれない。

 それにしても世論というか世間の風評を見ると、気の毒である。一度の過ち(?、行き過ぎ?)で、寄って集って叩くという構図は、どんな世界でも見るが、叩かれる側の叩かれる理由が、計画的な故意(悪意)があるような犯罪ならいざ知らず、衝動性に基づく過ちや、不注意による過失、思慮不足による予想外の事態の場合も区別なく叩く世の中っていうのは怖い世の中である。
 自分自身、過失、予想外による失敗を当然経験してきたが、同じように叩かれた経験がある。自分の活動の場も、民間の中での活動であり、そういう意味では業界であるのだが、自分以外に叩かれた挙げ句、潰された人っていうのを目の当たりにしてきた。つまり、叩かれようによっては、それで終了する奴も出てくるが、そうやって出る杭はたたきつぶすという社会から本当に活力は生まれるか?独自性を持った思想は生まれるか?っていうと、個人的には大きな危惧を覚えている。

 こういう事態だからこそ、自分としては亀田一家の再起を純粋に応援したいと思っている。

・追記
 長男の興毅選手の謝罪が行われたようである。やっぱり、「大毅初のタイトルマッチで頭が真っ白になっていた。だから1ラウンドから何があったかはっきり覚えていない。事実、映像も残っているし、だから反省しています。申し訳ありませんでした」ということらしい。兄弟+オヤジで頑張ってきて圧倒的な劣性で冷静さを失ったのが正直なところなんだろう。
 謝罪はOKだが、オヤジを辞職させるのは、一つのけじめかもしれないが、親子関係で尊厳を保つ、親父の大人としての人間性を見せてやる機会を何故に遮断してしまうような、辞職となるんだろうか?個人的には、セコンドには付けない、会見には同席させないという事で、少なくとも成人するまでは、裏方として、公衆の面前に晒されない所で一緒に過ごさせてやりたいっていうのは、甘い考えなのだろうか?少なくとも、親父にも面目躍起の機会を与えてやりたいのだが、、、、。

 取り敢えず、興毅選手の会見では、史郎氏が出席しなくとも、そこにはイイ親子関係が出来ているのかなぁ?と思った。この様子から亀田親子を批判する人は多いかもしれないが、会見の席でもなお、親父を慕う姿をさらけ出せる長男ってのはイイ気がする。
 こんな信頼関係を作れている親子ってのは、批判している人々の中でどれほど居るのか?をふと考えたりする。

|

« GTR!一本取られました!! | トップページ | 台風20号発生!?今日は大丈夫? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/89454/16876873

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張れ!亀田一家!!:

« GTR!一本取られました!! | トップページ | 台風20号発生!?今日は大丈夫? »