« 文明の進化=生体の退化 | トップページ | ブルゾンのフィッティング »

2007年10月23日 (火)

偽装だらけ

 雪印、三菱自動車、地鶏、耐震強度、白い恋人、赤福、防衛省、厚生労働省、国会議員事務所費・・・・・とまぁ、次から次へと偽装問題がニュースとして報道されているが、最近は、少々の事では驚か無くなってきた。
 此処まで、広い範囲で多数出てくると、恐らくは、偽装、改竄を行っていない方が稀では無いか?っていうと、さぞ世間を信用しているように見えるけど、ホントの所は、殆どが公では言えない事をしているのだろうってところが事実だと思われる。

 今回のニュースで呆れたというか情けないっていうのは、赤福の社長のコメントで『現場の悪しき作業習慣が事態を引き起こした』って話。普通に考えたら、従業員的には、廃棄処分に相当する材料を使うメリットなんぞは無い訳であり、メリットが無いモノにそういう悪意を行う意志も権限も無い筈であり、リスク承知で従業員に返品餅の再利用を指示したのは経営者の他有り得ないと誰しも考える筈。後ろめたい事は、メリットを享受する人間が誰か?を考えると、誰が一番悪いかは明らかな筈だが、この後に及んで、従業員・・・・ってコメントは情けない事ありゃしない。

 しかし、大手機械製品メーカーでは監査が入る情報がやってくると、一目散に重要書類を秘密の倉庫に隠すなんて話は日常茶飯事って話を聞くし、一品モノの受注生産品なんかの場合は、所定の性能が発揮出来ないと言って出荷を滞らせるなんて有り得ない訳であり、成績の改竄なんて常識ではないか?と推測される。

 まぁ、実際に現場を抑えた証拠がある訳ではないんで、あんまり迂闊な事は書けないが、世の中は嘘と建前で塗り固められているんだろう。そうでなければ、こんなに多用な業種で様々な不祥事が日常の様に報道されるなんて有り得ない。

|

« 文明の進化=生体の退化 | トップページ | ブルゾンのフィッティング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装だらけ:

« 文明の進化=生体の退化 | トップページ | ブルゾンのフィッティング »