« 糖尿病とアルツハイマー | トップページ | 改正道交法で車は変わるか? »

2007年10月31日 (水)

偽装問題、悪いのは人?ルール?

 正に偽装、改竄だらけである。
 赤福、ミスタードーナツ、如水庵、比内鶏、御福餅、ミートホープ、不二家、白い恋人、、、、これって、恐らくは偽装するのが常識でスタンダードって意味なんだろう。賞味期限、消費期限様々だが、そんな期限を偽っても出荷するというのは、出荷する側からみると、示されている期限自体が人命には関わらないという自信?の裏返しでもあるんだろう。

 仮に、消費期限を大幅に遅延させていたとしても、それでばれないならOK、原則問題は起こらない筈って意識がどこかに有るはずである。仮に重大な疾病や生命に関わるような自体に直結するなら、如何に利益優先とは言え、リスクが多すぎるんで、それはしないだろうとも思う。ホントの意味での怖い事例としては、大昔の森永乳業のヒ素ミルク事件があったけど、あんなリスクを抱えるような企業は無いのでは無いか?

 別に、サプライヤー側の姿勢を容認する訳ではないが、賞味期限、消費期限の意味に沿った期限を再考願いたいものである。
 今の消費期限というと、過ぎたモノを食べても問題無いだろうという意識が根底にあるのは間違い無い訳であり、本当に問題無いならば、消費期限の指定が現実に即していないという事でもある。

 守れない制限を付けるのではなく、守るべき制限を謳うような期限表示に徹底してもらいたいものである。
 現状では、企業モラルも信用できないが、期限表示自体の有用性自体迄もが無意味なモノになっているように感じる。

 しかし、食品関連に限らず、機械、サービス、介護、教育産業から民間から行政、役人に到るまで、ホントにモラルの欠けた行動が発覚している。

 話が脱線するが、今日の建築基準法の見直しによる住宅着工件数の減少に対する対策では、建築基準の運用の緩和を行い、住宅着工を下支えするという。
 聞くと、なんか意味が判らない。基準を緩和するっていうのは、安全より経済性を優先するのか?とも言われるし、又、これまでの制約っていうのが、意味がないって言うことなのか?
 この辺を説明をしっかりして貰いたい。

 日本の全ての業種において、この辺の運用基準に一貫性が見られないのは気のせいか?或いは、そうならば、そういう国民性なのだろうか?
 ルールは大事であるが、ルールが生活に対して意味のあるモノでなければならない。ルールのためのルールになっているようなモノ、実際は極めて多そうである。道路交通法の速度取り締まりなんかも良い例である。
 ルールのためのルールの前に、ホントに守るべきは何か?を見定める目が大事であり、そういう真意が従事する人に伝われば、偽装問題は減るように思うところ。

|

« 糖尿病とアルツハイマー | トップページ | 改正道交法で車は変わるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 偽装問題、悪いのは人?ルール?:

« 糖尿病とアルツハイマー | トップページ | 改正道交法で車は変わるか? »