« Wii fit やっぱり出た。加圧トレも注目度アップ! | トップページ | 歳を取る程に変われない、、、。 »

2007年12月 6日 (木)

FA制度

 FA(フリーエージェント)制度について地元広島では、地元球団の選手流出で何時もローカル新聞を賑わせている。
 個人的には野球ってスポーツに、それほど大きな関心がある訳でないので、どっちでも良いといえば、どっちでも良い。但し、制度的には、悪くない精度だとも思う。但し、資格取得制限自体は一考の余地があるようにも思う。

 制度云々は別として、選手がFAによって移籍するというスタイル自体に自分自身違和感を感じない。自分が最も好きな観戦スポーツといえばMOTOGPのようなレース競技だが、ドライバーやライダーっていうのは短期の契約でチームを何時も変わるような制度となっている。それでも、何の違和感も感じないし、そういうスタイルの中で選手を応援したり、チームを応援したりしている。
 好きなチームで活躍する選手を結果的に好きになったとしても、その選手がライバルチームに移籍する事自体に違和感を感じない。

 こういう目で見ていると、選手がチームを渡り歩くのは極自然な事だし、極一部の例外を除いては、選手の所属が極めて流動的である。

 しかし、日本のプロ野球では、異様に選手のFA流出を嘆くファンが多いように思う。特に、広島東洋カープにおいては、FAで出ていっても誰も入ってこないので、そうかもしれない。勿論、二輪レースと野球を同列に語る事は出来ないが、二輪レースにおいては選手個人の能力が全面に出て応援するのも選手を応援するというスタイルが主であり、野球ではチーム競技故に選手を応援するというよりもチームを応援するというスタイルが主であるために、選手の移籍に対する観客感情が変わってきているのかも知れない。
 となると、チーム競技である野球には現在のFA制度自体がなじまないのか?とも言う事が出来る。FA制度による戦力の偏向が生じると、競技としての面白さが欠けるのでは?と思えるが、FA制度自体は選手の権利であり、それはそれで必要なようにも思う。

 現在の単純な一軍在籍日数というのもシンプルで良いかも知れないが、所定の成績を残したら短期的な移籍もOKとして選手の流動性を高めるのもアリのように思うし、移籍選手の在籍期間を制限するのも流動性を高めるという目から見るとアリのようも思う。移籍先のプロテクト枠を狭くするのも有効だろう。

 個人的には、FA制度というのは選手の権利であり大切だと思うけど、その制度によってプロスポーツとしての興奮が失われたり、偏ったりするような制度ではNGだと思う。
 もう少し、選手流動の活性化が行われ、スポーツ自体が面白さを増すような制度になればと思うところである。

 それにしても、最近のプロ野球は面白く無くなったなぁってのが素直な感想である。それに較べると、F1とかMotoGPとかは20年前から今に至るまで、ずっと楽しい。これって、単純に、スポーツの種別による違いか?って考えると、世間一般でいう人気の凋落傾向を踏まえて考えると、FA制度、ドラフト制度といった制度改革がスポーツとしての面白さに結びついていない事が原因の一つなのかなぁ?と思う所である。

|

« Wii fit やっぱり出た。加圧トレも注目度アップ! | トップページ | 歳を取る程に変われない、、、。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: FA制度:

« Wii fit やっぱり出た。加圧トレも注目度アップ! | トップページ | 歳を取る程に変われない、、、。 »