« 問題山積、、、、政治家も大変。 | トップページ | 年末年始変則スケジュール »

2007年12月18日 (火)

驚きの事故と自転車の無法状態

 今日のニュースで驚いたのが、なんと自転車で転倒時にブレーキレバーが目に刺さり、それが脳に達して死亡ってニュースである。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000041-mai-soci

に記載されているが、驚きである。

自転車といえば殆どが中国、台湾製である。勿論、パーツ類もそういう傾向が強い。
更に、単車のような乗り物とは異なり保安基準もアマアマである。

単車の世界では実際はともかく法令上は有り得ないような突起物が常態化した世界である。
今回の事故では、乗った本人の転倒による本人の死亡ということだが、今の世間に溢れる暴走自転車は走る凶器状態である。

・ブレーキレバーの先端が尖ってる・・・・単車では丸になってる。目を突くぞ!
・傘固定具で傘を固定して走行するママチャリ・・・・目を突くぞ!
・DHバー装備で歩道をかっとぶロードバイク・・・・・・脊椎アタックすると重傷負わせるぞ!
・ビンディングでかっとぶロードバイク・・・・・転ける時は肉団子状態!
・バーエンド装着のクロス、MTB・・・・・・一番広いハンドルに突き出す突起物、良いのか?
・高圧タイヤ・・・・・タイヤで踏んでの飛び石は結構威力あるぞ!
・剥き出しのタイヤ・・・・単車では回転体の露出はNG、歩道走るなら泥よけ要るだろ?

他にも色々あるけれど、パッと思い付くだけで無法状態なのがよく判る。
少なくとも歩道を走行可能とする自転車には、突起物となるような傘固定具、DHバー、バーエンド、高圧タイヤ、フェンダーレス仕様ってのは有り得ないのでは?と思う。

そういう自転車は歩道走行禁止にすべきだ。
今回の事故では加害者=被害者であり、人の関心は薄いかもしれないが、加害者=自転車、被害者=歩行者で、先述した装備が原因で事故が起きる可能性は極めて高い。

もう少し業界は、自浄作用を発揮せんといけないだろうと思うけど、如何なモノだろうか?

そうでなくても、乗り手は歩行者とぶつかったら、先日のニュースではないが、ひき逃げみたいな事する訳である。

もう少し、モラルをユーザー、業界とも持つべきであろう。

|

« 問題山積、、、、政治家も大変。 | トップページ | 年末年始変則スケジュール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの事故と自転車の無法状態:

« 問題山積、、、、政治家も大変。 | トップページ | 年末年始変則スケジュール »