« 驚きの事故と自転車の無法状態 | トップページ | 高性能脂肪感知器の使い心地 »

2007年12月19日 (水)

突然死!スポーツ心臓?

 運動を習慣化することによって、心臓に形態変化がもたらされ、その変化した心臓をスポーツ心臓と呼ぶのは広く知られている。
 で、そのスポーツ心臓ってのを調べていると、新たな発見をした。
 スポーツ心臓って心臓も、スポーツのタイプによって異なる形態変化をするというのである。その変化形態には二つあって、マラソンのような動的な運動では心臓の容量が大きくなり、重量挙げのような静的な運動では心臓の壁が厚くなるそうである。
 有酸素運動的な運動では心臓というポンプは容量拡大方向に変化して、無酸素運動的な運動ではポンプは吐出圧力上昇方向に変化するということ。で、両方の運動を行うと、大きく、圧力の高い方向に変化するのだろう。但し、心臓の変化は心臓を構成する細胞の数は不変で、細胞単体の形状や機能の変化によるものであり、運動という行為による適応現象の一つと考えられている。
 という訳で、スポーツを辞めるとスポーツ心臓は普通の心臓に戻っていくのである。

 スポーツ心臓の機能的な変化としては、徐脈(脈拍の数が遅いこと)などがあげられるが、これは、マラソンなど全身持久性のスポーツ種目に多い変化で、安静時の脈拍が40台であることもまれではありません。これは、心臓の容積が大きいので安静時の脈拍の数は少なくてすむことや、心臓の働きをおさえる自律神経である迷走神経の働きが大きいためと考えられています。実際運動をするときには、脈拍が普通は早くなるのが通常である。

 スポーツ心臓っていうと、これまでは持久運動に適した形態変化の事しか考えていなかったけど、静的な運動に適した形態変化もあるって事を、今回初めて知ったのだが、考えてみれば、当然といえば当然のようでもある。

 但し、このスポーツ心臓ってのは、先に述べたけど長距離陸上の選手とか、自転車競技者レベルの話で、健康維持スポーツって観点で緩い運動しかしていない人が脈が低いからとスポーツ心臓っていう素人判断するのは危ないのである。

 スポーツ心臓か否かは、病院で診断を受けて判断すべきであり、そう思い込み(願望的に)、無理な運動を行って待ち受けるのが、スポーツ中の突然死であり、健康に変な自信を持つ中高年では、冠動脈硬化症による心筋梗塞が圧倒的である。こうなるとスポーツ心臓以前の話である。
 ところで、突然死っていうと、その殆どが心室細動って症状によるけれど、その危険因子が先述の虚血性心疾患(心筋梗塞など)や肥大型心筋症といった心臓病である。心室細動は心室の小刻みな振動状態で血液を送り出す機能を失った状態のこと。この突然死対策で昨今普及拡大中の機器がAED(Automated External Defibrillator)と呼ばれる自動体外式徐細動器であり、勤務先の工場にも設置してある。

 確かに、オヤジ世代となると、それまで以上に健康に留意する。そして結構まじめに取り組んだりする。しかし、過去の生活で運動を行ってきたか?スポーツによる危険因子を持っていないか?によって、得られる結果は千差万別である。しかし、オヤジは自信を持ちやすいという特徴もあり、早合点に『俺はスポーツ心臓だ!』とも思いかねない。
 しかし、そういうレベルってのは、先にも述べたように、然るべき経験を持ち、相当の負荷をモノともしないレベルとなるように、軽負荷から相当に長い年数を掛けて鍛えた人のみが持つものであり、殆どの場合、スポーツ心臓だ!って言えるレベルには無いのが現実では無いだろうか?

 突然死を防ぐには、過信しないのが一番であり、我が身の程を理解するのが第一である。その上で、専門家の指導を聞き、突然死の危険因子を取り除くというのが最も有効な手立てである。
 最近はスポーツ心臓って言葉を、身近な人の間から聞く事が多いけど、スポーツ心臓っていうのは持続的なスポーツ習慣による高度な適応現象の結果であり、そういう形態変化は、毎日10km程度のジョギングをして身に付くものでは無いという説もある。よって、単純に心拍数が低い=スポーツ心臓というよりも、別の心疾患を抱えている可能性の方が圧倒的に高いって事を肝に銘じるべきである。これも過信の一つであり、突然死への第一歩となっているのである。

 なお、このような中高年の突然死である心室細動とは別に、心臓震盪って不整脈もあるが、これは心臓への外部的な衝撃を悪いタイミングで受けた際に発症するものらしい。

 何はともあれ、色んな場面に生命を脅かすリスクが潜んでいるんだと、しみじみ思っている。年取って運動不足なら生活習慣病、糖尿病・・・・、喫煙、飲酒、紫外線等々の異常な刺激を受けると癌発生とか、スポーツするにしても弁えずにやると突然死とか、、、、健康は一日にして成らずである。結局は、人体機能を自然に活用するような地道な生活=健康ってことか?

|

« 驚きの事故と自転車の無法状態 | トップページ | 高性能脂肪感知器の使い心地 »

コメント

こんにちは!
コメント有り難うございます。
当ブログ、気の向くままに、日記の如く、結構辛口でヘビーに書いていますが、何か、これは変!って思う事があれば、御意見お待ちしております。
今後とも、辛口トーク全開で行きますが、宜しく御願い致します。

投稿: 壱源 | 2007年12月19日 (水) 12時44分

はじめまして、Yoshiと申します。
自分も自転車が好きなオヤジです、記事の内容で同感だと思う事も多し、また参考に成る事も多々有ります、毎日楽しみに読ませて頂いております。
いつも内容ある記事ありがとうございます。

投稿: Yoshi | 2007年12月19日 (水) 09時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然死!スポーツ心臓?:

« 驚きの事故と自転車の無法状態 | トップページ | 高性能脂肪感知器の使い心地 »