« 次機種選考中! | トップページ | 駅伝ランナーは速い! »

2008年1月20日 (日)

暫定税率への外相意見は????

 高村正彦外相の意見で少々、驚いた!?

 『ガソリン税を下げました、もっとガソリンを使いましょう』

 で、道路特定財源の暫定税率10年延長を容認する発言?よく、言っている意味がわからない。道路特定財源で高速道路等々を延長するのは、何か?歩道整備か?自転車道でも整備するのか?別に特定財源の延長論議で与野党の一方を批判する気はないけど、こいつの言っている意味が不明だ。

 道路特定財源という名目で、ガソリン使用には繋がらない所に使うって意味だろうか?ならば、道路特定財源という名目でガソリン使用者から税を徴収するのはNGだろう?ガソリン使用を抑制すべく、道路を使わないのなら、道路は要らないだろう?なら特定財源で暫定税率を延長するのはNGだろうってのが素直な感想だが、何が言いたいのだろうか?

 そもそも、暫定税率延長の目的と役割は果たしたので、暫定税率撤廃するのが筋であり、税収不足があるならば、別の税の徴収システムを作れば済むことだろう。

 町村官房長官もアホとしか言いようが無い。海外とのガソリン価格の比較なんて意味無いジャン、、、、、。ガソリンが高いのではなく、その中の税金の在り方の論議しているのでは?と思うのだが、、、、、

 与党の先生方は、国民が高い安いの額面だけで判断しているとでも思っているんだろうか?要は、仕組みに筋が通っているかどうか?が大事なのだが、その辺の説明不足というか認識不足なんだろうか?

 どうも、奴ら、言っている意味がわからない。国民を相当にバカにしているとしか思えない。

 取り敢えず、次の選挙で自民党に入れる事は無いなぁ、、、、、、、。

|

« 次機種選考中! | トップページ | 駅伝ランナーは速い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暫定税率への外相意見は????:

» 揮発油税の暫定税率問題について [徒然えふぇくとーTSUREZURE Effectー]
ガソリンの値段が高騰している昨今、ガソリン税の減税に関する問題が国会で話し合われることになりそうだ。 正確に言うと揮発油税の暫定税率の問題で、今年の3月に暫定的な税率を元に戻すのか、暫定的な税率をさらに続けるのかという論議である。 与党は財源確保の観点か....... [続きを読む]

受信: 2008年1月21日 (月) 00時01分

« 次機種選考中! | トップページ | 駅伝ランナーは速い! »