« サドル高 | トップページ | 道路特定財源は不要 »

2008年2月 7日 (木)

取り敢えず、終了!

 突如、思い付いたように遊んだデジタルカメラだが、考え方は5年前と変わっていない事が改めて判った。

 メインのサイトにも書いたけど、ここ数年で購入した複数台のメモ用デジタルカメラで一番良かったと思えるのは、オリンパスの通販専売機種であるCAMEDIA C-120ってモデルである。

○長所は、
・レンズバリア連動の撮影スイッチ。
・起動、撮影間隔、シャッタータイムラグの何れもが非常に短時間で高速動作。
・128MBのメディアで100枚以上記録可能。
・異様な程の電池長持ち。乾電池で10000枚、CR-V3で18000枚
・ホワイトバランス等或る程度選択可能
・固定焦点+単焦点ながら十分以上の高画質。
・L判~ハガキサイズの印刷に十分以上の画素数。
・再生液晶モニターも十分以上に綺麗。D-TFDとは雲泥の差。

■動画は
・ワンショットで最長15秒

×短所は、
・単三電池4本仕様で少々大きい。
・記録メディアがスマートメディア。

★用途は、
・家での育児記録用
・自分の仕事記録用

 ってところ。何よりも動作が速く、真っ暗闇で瞬間に撮影可能。更に電池が強烈に長持ちっていうのは、それだけで大きな取り柄である。
 で、このカメラがベストという結論に達するまでに比較した他の固定焦点+単焦点機のC-120と相対させると

1.SANYO DSC-R1
○記録メディアがCF
○薄暗い所で、少しはマシ。
■動画はワンショット15秒
×微妙に遅い
×WBが完全AUTOで蛍光灯下では死相!?が出る。青々になる。
★A101より屋外で見やすいので屋外用に使う予定。

2.CASIO GV-20
○WBはAUTO設定で一番自然
○薄暗い所で、少しはマシ。
■動画はワンショット10秒
×完全に遅い
×厚い、重い、イカツイ。
★もしかしら売却するかも。

3.RICOH RR211
○単三電池2本仕様で軽量コンパクト
■動画でワンショットはメモリー搭載容量に準ずる。
×望遠過ぎ
×完全に遅い
×室内撮影ではCMOS特有か!?赤々になる。
★動画撮影機能+小型軽量=単車に固定搭載して遊ぶ。

4.Finepix A101/A202
○単三電池2本仕様で軽量コンパクト
■動画はワンショット20秒
×微妙に遅い
×液晶モニターが屋外では全く見えない。
×日付等設定値が電池交換で初期化される。
×室内や薄暗い所では、全くダメ。
★近々処分予定。A202は後輩行き決定。A101は未定。

 とそんなところ。過去を振り返れば、35万画素機ならC-420Lが最も美しく撮影出来たし、コンパクトズームならばC-730UZって機種は、L判出力で十分以上に綺麗だし、機能自体は上級機種並であり、カメラで遊ぶ人には良い選択。特異系機種ではE-100RSは、近々登場予定のEXILIM-F1迄、連写能力は最強を保っているし、プリキャプチャー機能も備え、更には手ぶれ補正、望遠端でも明るいレンズと運動会系最強とも言えるカメラ。

 どの機種も一長一短有るけど、少なくとも、写り、写真の映え具合で、自分の好みを言うと、オリンパスが一番良いと思える。

|

« サドル高 | トップページ | 道路特定財源は不要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 取り敢えず、終了!:

« サドル高 | トップページ | 道路特定財源は不要 »