« Ninja 250R 正式デビュー! | トップページ | 発展途上の素晴らしさ。 »

2008年3月14日 (金)

睡眠時間と糖尿病、肥満

 水曜日の帰宅中、車中のラジオニュースで聞いた話。
 何でも、企業の健康診断等の結果を集計して統計を取ったところ、睡眠時間が5~8時間が肥満や糖尿病の発症確率が最も低く、睡眠時間が5時間以下、8時間以上のグループは最大で20%程、肥満や糖尿病を発症するリスクが高いということ。

 寝不足による食欲過多による肥満は判るが、寝過ぎの場合は肥満因子としては何だろうか?運動量不足って事だろうか?
 取り敢えず、そんな事はさておいて、適切な睡眠時間というのが糖尿病発生リスクが最小ということでは5時間以上8時間以下であるそうだ。細かい所を呼んでいくと、中性脂肪、コレステロール等が健全な状態を維持しやすい睡眠時間っていうのは6~7時間ということ。睡眠周期から90分の整数倍の睡眠が良いという話からいうと6時間睡眠、長くても7.5時間睡眠っていうのが長生きで健康に効果的な睡眠ということになるのだろう。

 今の生活周期から考えると7.5時間の睡眠確保は難しく、6時間睡眠か?午前7時起床なら午前1時には就寝という生活を作る必要がありそうだ。

 私的な話だが、自分の場合、午前1時になると強制的に瞼が閉じてしまう傾向がある。横になると数分以内に確実に寝てしまう。最近は特にそういう傾向だが、ふと思うに、健康的なコンディションを得るための運動を持続的に行っているために、必然的にそういう時間帯になると睡魔がやってきて、結果的に6時間睡眠になっているということかもしれない。

 考えてみれば、6~7時間睡眠を守れば健康といっても、活動時に何しているか?の方がよっぽど重要であり、結局、活動の結果、6~7時間の睡眠を身体が欲する状態っていうのが収支的にバランスが取れているということだろう。無理矢理寝るのではなく、自然と6~7時間睡眠となるようなエネルギー収支を生活に作る事が重要で、それに見合った食生活と消費運動を取り入れる生活リズムこそが肥満や糖尿病リスクを軽減すると考える方が自然である。

 ニュース一つでも考え方によっては随分と違う記事になる。

 余談になるけど、自分のブログは、世の中の出来事を自分の判断で感じた記事を書く事である。よって、この考え方が正しいのではなく、あくまでも自分の感じた考え方と言う事を御理解頂きたい。

|

« Ninja 250R 正式デビュー! | トップページ | 発展途上の素晴らしさ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睡眠時間と糖尿病、肥満:

« Ninja 250R 正式デビュー! | トップページ | 発展途上の素晴らしさ。 »