« ゼロブーム? | トップページ | カムバック!野茂英雄投手 »

2008年4月 7日 (月)

お節介は、親切か?迷惑か?

 他人の干渉は、親切か、迷惑か?それは、その状況で、本人からみて親切と感じる事も、迷惑と感じることもあるし、本人の周りから見たら、それは逆の感情を抱くこともある。

 しかし、多くの人は、その一瞬の思い付きの発言が及ぼす影響を考えずに軽はずみに口にすることが多い。軽はずみ故に、発言に際して、その言葉が持つ影響を考えていない事が多い。このようなナンチャッテ良い人っていうのは、実は結構多かったりする。

 他人に対しての発言っていうのは、実は相当に配慮して言うべきであり、ましてや、外部から、無責任に発言するのは本来は有ってはならないのである。発言の重みを考えた時に、全くの他人や、或いは、極親しい友人関係で交わされている会話での一言の場合と、主従関係、上下関係、組織での従属関係で交わされる場合では、一言の与える影響っていうのは実は大きいものである。

 今回、このような記事を書くのは、そういう話を偶然にも何カ所で聞いたからだが、思うに、そういう軽はずみな発言をする輩が、仮にも管理職だったりすると、発言の主に、発言の影響力を真剣に考えて言葉にするように警告したいくらいである。

 上述のような組織内での管理職連中の発言に疑念を抱くと同時に、全く別件で、人と話す機会があったのだが、その機会での会話っていうのは、特にテーマを持って話しをしているのではないけれど、一応、目的があっての会話であり、その目的っていうのは、自分が何某かの行動に際する考え方を伝えるってこと。

 因みに、何故か自分は、人に生き方とか、仕事をする上での心構えとか話す機会が最近は結構多い。相手は、新入社員であったり、或いは部下、或いは、就職を前にした人等々。普通は、その新しい環境に飛び込もうとするタイミング故に、意識が高揚している訳であり、それで意識を更に高揚させたり、或いは、プレッシャーを与えるような会話をする人も居るけれど、人間誰しも、感情に起伏もあれば、意欲の盛り上がり、減退があるし、頑張りたい時もあれば、怠けたい時もある。それは、どんな人間でもある筈であり、あまりにも肩肘張って頑張ると持ち堪えれないのも間違いないところ。それを踏まえて、どうすべきか?を伝えるのが会話の目的である。

 判りやすく言うと、人は皆弱さや後ろ向きな感情を持っているので、人の話を聞いて、それに傾倒し過ぎずに、そんな話もあるなぁって程度で人の話は聞くべきで、人のたとえ話を我が身に置き換えて考える場合は、自分の性格や能力を今一度考えて判断すべきである。高い意欲やプレッシャーに押されて考えるのでなく、その反対も考えた上で、人の考えでなく、自分の決断を尊重して行動するのが大事ってのを伝える事が目的だったのである。

 この度は、新入社員、就職を検討する人、或いは、組織で不満を持っている人等々と話す機会があったけど、共通して言えるのは、何か言われたから不満を覚えるとか、立場的に頑張る気持ちを出さないとダメとか、あんまり切羽詰まった考えをするでなく、そう言う時程緩い気持ちで考えて貰いたいというところ。不安な時期に周囲からくる話は、まぁ、参考程度の話半分で聞いておけば、焦りも不安も何も無いはず。言われた事全てを真に受けて、それが自分の考えだと錯覚して暴走するのが一番本人にとって不幸では無いだろうか?

|

« ゼロブーム? | トップページ | カムバック!野茂英雄投手 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お節介は、親切か?迷惑か?:

« ゼロブーム? | トップページ | カムバック!野茂英雄投手 »