« マツダ車 | トップページ | 通電式焼結装置 »

2008年5月 2日 (金)

血圧と心拍数

 4月という日気温の変わり目での話。最低気温が10[℃]未満、最高気温が20[℃]以下~最低気温が15[℃]、最高気温が25[℃]という気温変動が大きい月での話だが、毎日、定刻通りに血圧測定をしていると、とある傾向があるようだ。

 寒い日っていうのは、血圧は高めだが、心拍数が低めであり、最高血圧が120以上、最低血圧も70前後、心拍数は40台前半という状態だが、暑い日っていうのは血圧が低めで、心拍数が高めという状態になり、最高血圧は105程度、最低血圧は50台前半だが心拍数は50前後という状態となる。

 この冬(昨年の11月)からずっと血圧測定を行ってきたけど、気温が低めでは血圧は若干高めだが心拍数が異様に低い状態で、恐らくこれからの暑くなると血圧が低くなりすぎる感じである。振り返れば、一昨年の夏場にしゃがみ込んで作業して立ち上がって一寸歩いていたら、フッと意識が遠くになりかけたけど、起立性低血圧のような貧血のような症状。

 現状、相当に血圧は低く、心拍数も低くなってしまっているけど、世間の平均からすると相当に懸け離れた状態。そんな状態では逆に、日常生活において寒いと心拍数不足?で心臓止まりそうに思えるし(実際、徐脈、心房ブロックと診断されるし)、一寸暖かくなると低血圧症候群ではないが、立ちくらみ等々が起こる。この起立性低血圧っていうのは、血圧不足で脳に血が回りきらないって状態だから、これも不健全。

 何にでも言える事だが、やりすぎはNG。

 でも、性格的には、ストッパーが掛からないのが、これまたNG。今、運動習慣を無くすって事は考えられないところ。

|

« マツダ車 | トップページ | 通電式焼結装置 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血圧と心拍数:

« マツダ車 | トップページ | 通電式焼結装置 »