« そのうち、がっぽり | トップページ | 血圧と心拍数 »

2008年5月 1日 (木)

鯉のぼりのサイズ

 もうすぐ子供の日である。
 子供の日といえば、兜に鯉のぼりというのが定番。鯉のぼりというと、自分が小さい時を思い出すと、実家では全長10mクラスの鯉のぼりがあったのを思い出す。鯉のぼりは、竹竿に付けられていたけど、この竹竿も電信柱より高い竿だったように思う。あまりにも大きすぎ?か、この鯉のぼりが風に乗って泳いでいる印象は無く、ぶら下がっていたという記憶しか無い。
 で、最近、鯉のぼりを見るか?っていうと、見るのは、山間部集落の河川を横断するロープに鯉のぼりが付けられているという風景が殆どで、民家で鯉のぼりが飾ってあるっていう風景を見る事は稀である。

 鯉のぼりが飾ってある家も少ないけど、その僅かな家でも鯉のぼりは全長で2m弱というコンパクトサイズが主流のようだ。
 勿論、我が家の鯉のぼりも2mクラスの小型仕様である。一戸建てとは言え、土地も40坪程、庭なんぞ無いようなもの。竹竿立てるスペースも無いし、隣家との間隔も比較的密接しており、実質大きな鯉のぼりを飾ることは不可能である。
 まぁ、仮に飾れる環境があったとしても、その大きさ故に、取り扱いも手間をとりそうなんで、実際は小型のモノで済ませるだろう。

|

« そのうち、がっぽり | トップページ | 血圧と心拍数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯉のぼりのサイズ:

« そのうち、がっぽり | トップページ | 血圧と心拍数 »