« そのうち、がっぽり | トップページ | 血圧と心拍数 »

2008年5月 1日 (木)

マツダ車

 最近のマツダ車、デザイン的に結構活けてるって思うのは自分だけだろうか?
 自分の購入対象としては見ていないけど、新型のアテンザ(MAZDA6)は結構高級感もあるし、変な飾りも無いし、他のメーカーアイデンティティをぱくった感じがしないのが良い。

 少なくとも、現行クラウン、先代クラウンの日産スカイライン、フーガっぽいデザイン、フォルム、キャラクターに較べると遙かに健全。

 フォードグループの中では優等生のマツダだが、車もキャラクター作りが良い感じがする。先代アテンザ、現行アクセラ、先代デミオでは、変な色気と八方美人的意識のためか、存在感が希薄な感じがしたけど、少なくとも、現行アテンザ、現行デミオではそれが無い。
 マツダを支えているのは実はミニバンかもしれいないが、ミニバンのプレマシー、MPV、SUVのCX-7については、コンセプトが見えにくくキャラ作りが未消化に見えるけど、セダン、コンパクト、スポーツについては悪くない。
 全く的はずれかもしれないが、最近のマツダ車の排気量設定やスペック表示は好感が持てる。新世代直四は2.3Lから始まり(今は2.5L)だが、この度の北米V6も3.7L。マイチェンしたRX-8は公称出力は低い値。こういうのは結構好印象。
 ところで、売れ筋故に外す訳にはいかないのだろうけど、ミニバン、SUVはマツダにとってキャラを活かせるジャンルの車では無いのは間違いない。そういうジャンルに踏みとどまる価値はあるのだろうか?

 そんなマツダ車に対して、トヨタは節操無い感じ。このメーカーはスバルをどうしたいのか?スバルは軽自動車からも完全撤退と言う事。トヨタグループでは軽4はダイハツに資源集中ってことか?トラックは日野だし、、、、スバルってのはトヨタの弱い車好きを引き留めるためのブランド確保って感じで、それ以外は存在価値を認めないとでも言いたげ。

 ユーザーが多く、売れている車っていうとトヨタ車は間違いないけれど、少なくとも、車自体が目的となったユーザーが拘る対象としてはトヨタ車は少数派。トヨタを選ぶのは、ライバル車が存在している分野で、数値比較の結果選んだような結果としての存在ばかり。まるで、何かの陰のような存在だ。
 シルビア好きは居ても、セリカ好きは僅か、GT-RやZ好きが居てもスープラは少数派、パジェロ好きに対するプラドも一緒。メルセデスに対するレクサスもそうだ。
 キャラの本質を作り得ないのがトヨタの弱点だが、恐らく承知だろうし、それ故に、スバル買収って決断をしたんだろう。

 最近のマツダ車を見ていると、スペックよりも重要なのは、コンセプトの有無のように思う。コンセプト自体が模倣を起点とする時点で、機械として性能がいくら優れていてもそこに価値は見えないというのは言い過ぎか?トヨタでもMR-2からMR-Sと続けたモノ、続ければ良いのにとも思うんだけど、駄目だと諦めも早過ぎ。

 さて、我が家の車を買い換えたいというところで、色んなジャンルを無作為に考えているのだが、この中には、トヨタ車もマツダ車も候補にあるのが笑える。

・マツダ車ならば、マイチェン後のRX-8のベーシックグレードの5MT車(6MTは不要)
・トヨタ車ならば、乗用登録のプロボックスの5MT車
・トヨタ系スバル車ならば、レガシーワゴンのカジュアルエディション5MT車
・スズキ車ならば、スイフトスポーツか、出そうで出ない?SX4の5MT車

 ってところ。実用狙いか趣味狙いかは決めかねているが、実用狙いならワゴンボディが必須で、ラゲッジに折り畳み自転車+子供車が搭載可能なモノで出来ればMT希望。
 趣味狙いならラゲッジよりも回転域を自由に扱うことで楽しめる中排気量以下で5MT車。大排気量では遊べる回転域が狭いし、6速の場合も同じ。或る程度の回転幅が各ギアで遊べる感覚が必要ということで敢えて5MT志向。上に挙げた車は、トヨタ車を含めコンセプトがハッキリした車ばかりだと思うのは気のせいか?

|

« そのうち、がっぽり | トップページ | 血圧と心拍数 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マツダ車:

« そのうち、がっぽり | トップページ | 血圧と心拍数 »