« 連続3往復 | トップページ | 今年の数値努力目標は? »

2008年6月 2日 (月)

3連走翌日の変なシングル乗り

 ということで、土曜日の3連続走行明けの日曜日もタイトな家事の合間で走った。
 時間が確保できなかったんで、連続とはならなかったけど、朝はラングスター、午後はオ・モイヨWW、夕方はルイガノMVFである。ルイガノでは娘とのサイクリングで距離的には20km程度の別コースだけど、朝と午後は結構本気で走ってみた。

 朝は往路は向かい風、復路は追い風だけど風は弱く結構ハイアベレージで走行。この段階では昨日の疲れは無いかな?って印象。
 更に、弱いと言っても向かい風の中、DHバーの威力は凄いなぁ!って関心しながら走っていた。ドロップバーで身を畳むと視線が落ち気味だけど、DHバーはそういう事もない。35km/h程度なら少々の向かい風でも問題無い感じで、固定シングルでも相当に速度のノリが良い。と、そんな感想で余裕もって走っていた。
 勿論、追い風でもDHバーの威力は結構なモノで、歩行者の居ない自歩道を45km/hを維持して走れるのは非常に心地よいという印象。

 その後、帰宅して家族で郊外ショッピングセンターに買い物いって、地元のスーパーで買い物を済ませている辺りで、若干の疲労感、、、、、

 そんな疲労感を無視してオ・モイヨWWで再度ホームコースに向かう。乗っている時は疲労を感じる事はなく、往路の強い追い風で40~45km/hで一気に太田川橋に到達。復路は向かい風と格闘しながらも33~35km/hで一気に帰宅したところ。
 すると、溜まっていた疲労が顕著に出る出る、、、、。

 しかし、娘との約束もあるので、炎天下の2時前からルイガノを持ち出して娘とサイクリング。ホームコースの復路に使うコースから北上するというパターンで、合計20kmを走行。ペース的には20km/h以下での走行だが、20kmを走ると実走時間は1時間を軽く超える訳であり、一人でガンガン走る以上に疲れるもの。

 で、今ローラー台終わったところだけど、今の疲労感は通常の週末の二倍くらい疲れている状態。やっぱり掛けた負荷に応じて疲れは溜まるものである。

 そんな週末だったけど、その週末で思ったのは、平坦路基調のコースで、走行条件の違いが風向き程度の場合は、下手な変速機付きの自転車よりもDHバーのようなエアロアタッチメントの方が遙かに有効って感じである。勿論、DHバーの効果が得られるのは、速度でいうと最低でも35km/h以上で走るという前提の話だろうけど、その速度域以上で走る事が出来る人、特に40km/h以上で維持走行する場合には強力な武器となるようだ。

 ところで、自分のホームコース、レーパンレーシャツで高級ロードに乗る人は異様に多いけど、安物アルミフレームのピストモドキをベースに完全固定シングル+回転系のTRACKレーサーパーツ化した上に、ブレーキ装備は当然ながらエアロアタッチメントであるDHバーなんぞ装備して走っているのは自分だけみたいである。小径車の場合は、或る程度見掛けるが、ロード系小径車も見掛けない。或る意味、特異な存在なのかもしれない。

 変な奴、約一名という状態。高級車にまみれた安物シングル乗りということで、安物故に逆に目立っていたりして、、、、。

|

« 連続3往復 | トップページ | 今年の数値努力目標は? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3連走翌日の変なシングル乗り:

« 連続3往復 | トップページ | 今年の数値努力目標は? »