« 脱メタボ弁当 vs 食時間習慣の改善は? | トップページ | 夏に向けて?増殖中 »

2008年6月 7日 (土)

マグネシウムの再生可能エネルギーリサイクル

 表題のニュースを木曜日朝の出社中に車のラジオで聞いた。
 で、調べてみて見つかったのが、

http://www.jspf.or.jp/Journal/PDF_JSPF/jspf2007_06/jspf2007_06-578.pdf

 って記事。ラジオニュースでも東工大の矢部教授がインタビューに答えられていたので、正しくこの内容。

 簡単に言うと、マグネシウムに水をかけると、石炭を燃焼する際に得られる熱量に迫るエネルギーを取り出す事が出来るという特徴と、その酸化物である酸化マグネシウムに太陽光励起レーザーを照射して還元に必要な高温を作り出すと、酸化マグネシウムが簡単に?マグネシウムにする事が出来るという話。

 この技術論によれば化石燃料に依存せず、資源として非常に豊富なマグネシウムを定量的に無尽蔵な太陽光エネルギーを使って循環して使用するというモデルが得られるという夢のような話。

 問題は、太陽光励起YAGレーザー発生装置部分で材料の部分だ。この材料が希少元素であったり、そこの開発が成功の鍵を握っている様子。

http://www.titech.ac.jp/publications/j/chronicle/402/402-1.html

詳細はネタ参照ということで、スルーするけど、化石燃料に依存せずに循環可能なエネルギーリサイクルモデルを構築するっていうのは、夢のような話である。

|

« 脱メタボ弁当 vs 食時間習慣の改善は? | トップページ | 夏に向けて?増殖中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグネシウムの再生可能エネルギーリサイクル:

« 脱メタボ弁当 vs 食時間習慣の改善は? | トップページ | 夏に向けて?増殖中 »