« 太田川河川敷はデンジャラスゾーン | トップページ | 低血圧の判定は、絶対値?相対値? »

2008年8月27日 (水)

高血圧分類表 JSH2004

 毎日血圧測定を行っている。時間帯は、勤務先での就業直後である。測定器はお馴染みの『健太郎』って自動測定器だ。
 その健太郎に座って腕を通す。そして、スタートボタンを押すと自動測定してくれる訳だが、その測定中に目に飛び込んでくるのが、血圧値をエリアで示した状況説明でJSH2004に従ったチャートである。

 このチャートは縦軸が最低血圧、横軸が最高血圧となっている。
 縦軸最低血圧のスケールは75~115mmHg、横軸最高血圧のスケールが100~200mmHgとなっている。

そして、チャート分類を行うと、基本は正常血圧としては最高血圧が125mmHg、最低血圧が80mmHgとするものの、

・至適:
 ( 75<)最低血圧< 80
 (100<)最高血圧<120
・正常:
  80≦最低血圧< 85
 120≦最高血圧<130
・正常高値:
  85≦最低血圧< 90
 130≦最高血圧<140
・軽症高血圧:
  90≦最低血圧<100
 140≦最高血圧<160
・中等症高血圧:
 100≦最低血圧<110
 160≦最高血圧<180
・重症高血圧:
 180≦最低血圧
 110≧最高血圧
・収縮期高血圧:
 最低血圧< 90
 最高血圧≧140

という範囲で分類するという。そして、若年・中年者が130/85mmHg未満、糖尿病患者・腎障害者が130/80mmHg未満、高齢者が140/90mmHg未満、その内75歳以上が150/90mmHg未満を目標とするんだそうだ。

 しかし、高血圧分類は直ぐに見つかるけど、残念ながら低血圧分類っていうのは見つからない。但し、診察基準としては最高血圧が100mmHg以下を用いる場合もあるそうだが、曖昧な状態なんだだそうだ。しかし、そういう分類が見当たらないのは兎も角、自分の場合、気分が優れないなぁ、、、って思う時に血圧を測定すると、最高血圧が110mmHg以下、最低血圧も60mmHg以下の事が多いのである。

 血圧の低さが命に関わる事が無いために?、高血圧のような分類が為されていないのだとは思うけど、実際に血圧が下がると不具合が出るのも事実であり、これから血圧の低さについての問題と、その分類というか基準となる数値っていうのを調べてみようと思うところである。

|

« 太田川河川敷はデンジャラスゾーン | トップページ | 低血圧の判定は、絶対値?相対値? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高血圧分類表 JSH2004:

« 太田川河川敷はデンジャラスゾーン | トップページ | 低血圧の判定は、絶対値?相対値? »