« 迷惑駐輪 | トップページ | アームストロング、アスタナで復帰! »

2008年9月26日 (金)

中国新聞、『phoenix』

 表題の雑誌っていうのは、月1回、中国新聞読者に配布される情報誌である。
 内容的には、中年世代の旬な暮らし情報を紹介するモノだけど、今月号では自転車のある暮らしっていうのが特集で紹介されていた。
 構成としては、自転車を利用しているユーザーの感想入り紹介、自転車で楽しめるレジャー施設(土師ダム、中央森林公園、しまなみ海道等)、広島市内の自転車利用環境の整備状態と利用時のマナー、区域毎にチューピーショップに加入している自転車店の紹介という構成で、情報誌中で数ページを割いていた。

 内容的には普通だけど、自転車ユーザーのマナーの悪さについては殆ど記載が無いのが一寸?っていうところだけど、情報誌全体のページ数から見ると仕方ないかも、、、、しかし、ローカル情報故に、挿絵とか地域の紹介が読者の生活圏と被っているので、全国紙における同質な記事に比較すると遙かに身近に感じるところ。

 それにしても、自転車ってのは大ブームなんだろうか?このような、無料配布される情報誌にも掲載される。去年も無料配布新聞であるリビングひろしまって情報誌に大きく取り上げられている。テレビ番組でも通常放送からCS放送迄取り上げられる事は極めて多いし、、、、

 さて、次はどんなメディアに取り上げられるんだろうか?

|

« 迷惑駐輪 | トップページ | アームストロング、アスタナで復帰! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中国新聞、『phoenix』:

« 迷惑駐輪 | トップページ | アームストロング、アスタナで復帰! »