« トライアスロン風TTバイク、シェイクダウン! | トップページ | 他人を追走って、ストーカーちゃう? »

2008年9月25日 (木)

フレーム考

 さて、火曜日にTTロードをシェイクダウンして感じた乗り心地だけど、小林ロードに極めて近いのだが、敢えて言えば、更に柔らかめというか、マイルドというか、、、、フレーム自体はどっちも鋼管系のフレーム。ホイールも似たようなモノ。でも、微妙にTTロードが優しい感じ。この差が何から来ているか?は不明。
 で、このような鋼管系ロードとラングスターTTの乗り味の違いは?というと、ラングスターの方が硬いといえば硬いような気もするけど、硬いというよりも、踏んだ時のレスポンスの良さ、軽さって感じであり、これは固定シングル故の効果かもしれないが、明確にソリッドな感じがする。
 ところが、折り畳みのハイテンフレームのオ・モイヨWW号はラングスターTT号以上にソリッドで硬い気もする。踏んだ時のレスポンスもラングスターTT号の上手な感じがする。この違いの元はホイールサイズだろうけど、ホイールサイズはフレーム材質の常識をも凌駕するようだ。但し、オ・モイヨWW号の場合は、路面のギャップを連続してうけると、微妙にがたつく感じを受ける事も無くはない。この辺に折り畳みフレームの素性が見え隠れする感じ。
 にたようなDAHONの鋼管系スピードフレームではどうか?っていうと、これは不思議な事にギャップを連続して通過しても接合部の存在は意識しない。これって、DAHONの折り畳み構造の素晴らしさなのか?とも思える。で、乗り心地自体はどうか?というと、不思議と同じホイールサイズのオ・モイヨWWと西DAHONを比べると、西DAHONの方が明らかにマイルドで乗りやすい感じである。でも、西DAHONも406仕様の時はガチガチ感が強く乗り心地の悪さ?を痛感したのも事実だし、406のままのスピママは相変わらずガチガチ感が強いのも間違い無い。
 更に、アルミフレーム+451ホイールのルイガノMVFは?っていうと、これは、我が家の小径車の中では最も乗り心地が良い感じ。これは、前後に装備されたサスペンションの効果の賜物なんだろう。

 この感覚を纏めれば、アルミか鉄か?の差は確かに存在するのかもしれないが、そんな差を超越してホイールサイズの差が結果的に乗り心地に大きな影響を与えている様子。しかし、ホイールサイズの差による乗り心地の差さえも、サスペンションを与える事で逆転する事が可能っていうことなのだろうか?

 自転車の乗り心地が硬い、柔らかいってのは確かにあるようだけど、その原因がフレーム材質にあるのか?或いは、スポークの組み方、タイヤの空気圧、ホイールサイズ、サスペンション有無・・・・・っていうのを明確に言い当てるのは結構難しいような気がする。

 更に、好みで言えば、柔らかい乗り心地よりもソリッドな乗り心地の方が好みって言えば、好みの様でもある。

|

« トライアスロン風TTバイク、シェイクダウン! | トップページ | 他人を追走って、ストーカーちゃう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレーム考:

« トライアスロン風TTバイク、シェイクダウン! | トップページ | 他人を追走って、ストーカーちゃう? »