« 80年代仕様がカッコイイ | トップページ | アルツハイマー病と生活習慣 »

2008年9月 3日 (水)

噛む力

 表題の如く、今更ながら『噛む力』が見直されているそうだ。

 そんな事情とは関係なく、自分は噛むという習慣には最近ずっと特に注意しているのである。ダイエットを始めたのが2005年11月からだけど、食生活においては、毎日三食を抜かずに食う。食事は一口30回噛む。食事の順序は野菜→肉、魚→御飯の順番で食べる。という習慣を維持している。

 因みに、一口30回噛むって行為に期待したのは、今更ながらニュースになっているソースと同様に、

・咀嚼(そしゃく)することで脳にある満腹中枢を刺激し、食べ過ぎ、肥満の防止。

ということだけど、今回のニュースでも、『唾液の分泌量は噛んだ回数と比例する。唾液には消化・吸収を助けるアミラーゼや、細菌や発がん性物質を減らすラクトペルオキシダーゼといった酵素、味覚機能を高める物質のガスチンなど、健康に役立つ有効成分が多く含まれる。』と伝えられている。更には、「お年寄りの脳を調べたところ、歯の本数が多い人ほど記憶に関与する海馬の容積が広いことがわかっています」との事で、噛む事で脳の活力が失われにくいとの統計も出たようだ。

 しっかり噛んで、しっかり食う。この習慣を身に付けるのは結構大変かもしれないが、こういった小さな積み重ねこそが健康を得る秘訣だったりするのである。

|

« 80年代仕様がカッコイイ | トップページ | アルツハイマー病と生活習慣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 噛む力:

« 80年代仕様がカッコイイ | トップページ | アルツハイマー病と生活習慣 »