« 一般車両のマナー | トップページ | ビッグウェーブ、しばし終了! »

2008年9月23日 (火)

ずっと乗ってる人は速いなぁ、、、

 土曜日の朝っぱらの話。
 例によって、ラングスターTT号で白島発可部着のコースを走行した。往路も復路もネットで移動平均速度は39.5km/hというまずまずペース。勿論、平地走行時は43~45km/hという巡航走行でだ。
 で、往路では、安芸大橋から安佐大橋の区間で安佐大橋の手前200mくらいからGIANTのロードに乗った若め?のオジサンに追い付いた。勿論、挑発する気は無いし、安佐大橋の交差点の信号が赤だったんで、手前から車間10m程空けて追走して信号待ちをしていたら、突然、『自分、遅いんで先行って下さい!』って言われ、そこで先行させて貰ったのだが、そんなに道を譲られたのは初めてでチョット驚きだった。

 で、復路では太田川橋南詰めの自販機でブラックコーヒーを一杯飲んで、写真撮影しての10分休憩の後に、太田川の西岸土手を南下する訳だが、コーヒー飲んでいる時にパールイズミのレーパン、レーシャツを来たサイクリストが通り過ぎたのだが、その3分後程度に自分が出発して程なく、大体2km弱走行したところで追い付いて高瀬堰で赤信号停止していたら、追い付いて来られた。そこで、軽く挨拶されて、次、安佐大橋迄の1.8kmでも安佐大橋の赤信号停止で2分ほど待っていたら、再度話し掛けられた。で、年齢の話が出て、その方は50歳とのこと。再度、リスタートで今度は安芸大橋迄の3km区間だけど、ここでは赤信号に掛からなかったので、会うことなく、自分は南下して祇園新橋、祇園大橋を過ぎて更に南下して白島の北大橋迄行って楠木町でUターンして戻っていたら、牛田の公平橋北詰で再度会ったんで、しばし、談笑したのである。

 この方の自転車、見ると、相当な年季が入ったモノ。自転車は多分、ツノダのグランプリロードでは無いか?と思ったのだが、色は白、下地メッキでラグが磨き出しで、ラグはコンチネンタルカットラグ、ハブはラージでタイヤはチューブラー対応、勿論、ボスフリーで5速をWレバーで引く構成。興味深いのはキャリパーがダイヤコンペのセンタープル。最近、見る事の無い構成で、ロードというよりもスポルティーフに近い感じ。
 何でも、35年ぶりに輪行袋から出してみたんだそうで、高校時代に購入された愛車なんだそうだ。

 で、思ったのは、この人、速いなぁ!って思った人は、これまで殆どが、こういったビンテージというか昔から乗っている人。このツノダのロードも然り、以前、遭遇した初代デュラエースを装備したダイヤモンドかアトランティス系のロードに乗ったおじさんもそう。ナカガワのロードに乗ったおじさんもそう。
 逆に、自転車が舶来高級車程、自転車負けしているような感じ。

 昔から乗っている人は、やっぱり違うのかなぁ?というのが素直な感想。最新のバイクに最新の装備程、見かけ倒しというか、見た目程、速くないというのが印象。勿論、土手サイなんで、どれ程の本気か知らないけど、最新車両程、反応度が高いので、反応している間は乗り手は多分、その気なんだろうから、、、、
 で、後から抜く際に見て、そういった年期ものロードと最新ロードの乗り手の違いは、、、、昔バイクの乗り手の脚、特に脹ら脛は下品?な程に筋肉質。足首は相当に締まっているけど、筋肉はしっかり付いている人が多いし、全身も結構な筋肉質だ。でも、今系ロードバイクの乗り手は、バイクレッグかどうか知らないけど超スリム。パッと身、脹ら脛が自分の二の腕くらいしか無い人が殆ど。で、全身体型はほっそり、ホソホソである。或いは、デップリムチムチか?のどちらか。
 ビンテージというか実際に古い年季の入った自転車ユーザーの皆さんは、みんな強烈である。

|

« 一般車両のマナー | トップページ | ビッグウェーブ、しばし終了! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ずっと乗ってる人は速いなぁ、、、:

« 一般車両のマナー | トップページ | ビッグウェーブ、しばし終了! »