« 迷惑駐輪 | トップページ | アームストロング、アスタナで復帰! »

2008年9月26日 (金)

他人を追走って、ストーカーちゃう?

 そういえば、CRを自転車で走っていて何度か挑発というか干渉というか、そういう状態になった事がある。
 でも、よくよく考えてみれば、後ろに一生懸命張り付こうとしてくるか、張り付いてくる場合が殆どで、そういう場合には、殆ど、急ぐなら先にどうぞ!って合図しても、誰一人として先行しないし、殆ど99%は次の信号までに失速して消えるパターンで、稀に信号停止で待っている時に会話して、『お先にどうぞ!』って言うと『先はしんどいから遠慮します!』って解答という状態。

 確かに、先行車両の後ろ走ると楽だけど、みんな楽するために自転車乗っているんだろうか?それとも、付いていけるか?って脚試ししているのだろうか?その辺が不明だ。

 自分的には、まかり間違っても他人の後ろを他人のペースに併せて走るなんて、まっぴらゴメンなんだが、、、、更に言うと、レースとかなら温存の意味で先行させて影になるのもありだろうけど、老化防止で負荷を求めて走っている場合には、温存なんぞ無意味で、寧ろ向かい風でガシガシ走る方が遙かに有意義と思ったりもする。

 それにしても、何故にアカの他人に追いすがろうとするのだろうか?それも、身体の線を剥き出しにした服装で、吐息も荒く、汗を撒き散らし、、、、、、、、多分、一般の人にとっては、走っていると、そういうのに追っかけられるとチョット怖いと思うのだが、、、。イメージとしては、体液を撒き散らしながら迫る変態ストーカーにも見えるのである。仮に、自転車に乗らずにピッタリボディースーツで激走という状況は、対象が女性ランナーなんかの場合にピッタリ迫って抜かずに追いかけるって絵柄を思い浮かべれば、それは犯罪行為となる訳で、同じようなモノと思うのである。

 自転車に乗って老化防止、健康増進、体力チェックが目的って場合は、楽しても仕方ないし、バロメーターを計る場合には他人との相対性は無意味なもの。それ故に一人で好きなように走る!ってのが一番なのである。

 自分よりペース上で走る人には道を譲るし、自分よりゆっくり走っている人は遠慮無く抜く。ある日、ある時、出会う人、、、、みんな他人で目的も程度も何もかも不明。それ故に、不干渉が大原則なのだ。中には力試し、或いは、何時でも一番!って拘る人も居るかも知れないが、ならば、百歩譲っての話、サッサと抜いて視界から消えて欲しいのである。抜いた途端に失速して、、、を繰り返しって状況は面倒臭い。そんなもんである。少なくとも、追っかけた上に、後を一生懸命付いて走るなんて行為だけは他人に対しては辞めて欲しいと思うところ。抜くなら抜け!ダメなら来るな!そういうものである。
 大体、前方に自転車が見えたとして、追っかけるという意識で追いついた状況ってのは、その次に失速がやってくるのは自明の筈。いつの間にか追いついたら、そのまま先行すれば問題無し。追っかけよう!って思う事自体がナンセンスだと思うところ。

 但し、単車でも自転車でもだけど、それなりに走っている際に、通学自転車に乗った中高生が頑張って追いかけてきたり、或いは、二十歳前後の若い子が原付~250cc程度のチッコイバイクで追っかけて来る時は、或る意味、若さかな?とも思えば許せない事もないし、その気持ちも判らないでは無いのだが、エエ歳したオッサンロードが追いすがってきたり、或いは、デップリスーパースポーツが無謀運転で迫り来るのは、端から見ると、友達?とも思われかねないと思うと迷惑千万なのである。大体、エエ歳越えた、これ系っていうのはマナーも悪いし、諄いのがウザイのである。

|

« 迷惑駐輪 | トップページ | アームストロング、アスタナで復帰! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 他人を追走って、ストーカーちゃう?:

« 迷惑駐輪 | トップページ | アームストロング、アスタナで復帰! »