« 幸せ肥りの原因は、、、、 | トップページ | 学生系軽快車 »

2008年9月 1日 (月)

エリオ復活&新車物色中

 エリオ号の左サイドのスジ傷(フェンダー、FRドア)の補修を保険で賄った。
 ところで、そんな事とは別に、気分は新車物色中である、、、、、。

 次期愛車は現段階(今すぐ買い換える場合)ではプロボックスワゴンだけど、エリオの修理によって最長で2年程度の延期となる訳だ。そんな二年で探す訳だが、そこでの自分の勝手な選択条件は、、、、

1.全長×全幅×全高=4500mm×1730mm×1550mm、ベストは5ナンバー
2.排気量は1500~2000cc、ベストは1500cc
3.荷室長は1000mm以上、ベストは室内長も1800mm以上
4.マニュアルミッション車
5.出来れば4WD

ってところ。要は、家族四人+自転車三台積載可能って実用性である。装備の類は得に希望無しである。

 そういう尺度で現行の小型ステーションワゴンを荷室長()内は全長で物色すると、、、、、

1.1100mm:プロボックスワゴン(4195mm)
2.1070mm:レガシーツーリングワゴン(4680mm)
3.1069mm:ウイングロード(4415mm)
4.1015mm:エアウェイブ(4350mm)
5.887mm:カローラフィールダー(4410mm)

な感じであり、ボディーにおける荷室確保の状況を見るとプロボックスが強烈に印象的なのが判る。逆に、プロボックスを商用と割り切ったためか、乗用としてのカラクリ装備でフィールダーはHB車級の荷室長となっているのが興味深い。全長と荷室長の数値は、フィールダーはワゴン車と比較するよりもハッチバック車に近く、現行インプレッサの810mm(4415mm)、現行アクセラの840mm(4405mm)のパッケージに近い。微妙にワゴンっぽいルックスの恩恵がHB車+50mm程度の荷室長となっているのだろうけど、エアウエィブ、ウイングロードに較べると積載性は寂しいものだ。仮に、フィールダーとなると高さを犠牲にしてでも奥行きを重視すると全長で4500mm級のセダンの方が遙かに魅力的なんである。

 積載性以外の要素でMT&4WDが選べるか?というところで、プロボックスとレガシーに絞られるのが現状である。

 因みに、積載性に拘りを持つのは自分の考えであり、その考えはラゲッジに自転車を始めとした荷物を積めるか?が最大の関心事である。折り畳み自転車を横倒しするとDAHONの場合で奥行きは800mmが最低確保ラインである。折り畳んだ自転車を立てて積むとなるとラゲッジ高さは700mmは必要となる。
 他にも700Cロードバイクを考えると、ホイールベースは900mm強、これに前後輪の半径分が前後にオーバーハングされる訳で、単純に全長で1600mm程度となる。これを前輪を外すと全長が車輪の半径分短縮されるので1250mm程度、これを斜めに載せると最低でも荷室長は1000mmは必要となる。
 このような使い方を想定しながら車選びをするとこうなるのだが、、、、

 車のディーラー巡り&見積&カタログ収集して現状の候補車両は、レガシー、プロボックスが筆頭で、大穴でSX4セダン、エスクード2.4L、エアウエィブというところ。その辺りのカタログを嫁に見せると、、、、

 どうやらプロボックスは有り得ないらしい。どんなに有彩色塗装(ライムグリーンマイカ)してスタイリッシュパッケージのエアロを組んでも、見た目がバンで、近所や幼稚園父兄等から『○○さん家は、商売でも始めたの?』とか言われそうなのがNGなんだそうだ。車を買うとなると、比較的長く乗るので、見栄(ステイタス性)と自己満足(ブランド性)、後は、乗り心地を重視したいのだそうだ。

 確かに、勤務先や嫁の友人の家で乗っている車は?っていうと、VW(ポロ、ゴルフ、ベント、トゥーラン、トゥアレグ)、アルファ、プジョー、BMW、ベンツというのが結構な台数が居るのも事実。
 エスクードからエリオへの乗り換え時もマイナーさ故に説得に苦労したのである。説得としては、実際に試乗して他のコンパクトに較べて乗り心地が良い具合(特に悪路でのリアの突き上げの無さ)を強調したのだが、、、その際に、比較として前MPV、ランクス、スパシオ、キューブ等で後輪が同時にギャップを乗り越えるような高架や橋の継ぎ目、踏切越え、或いは、自宅界隈の団地の路地(これが、道路の継ぎ目が多い)の排水口越えでエリオの美点を強調し過ぎると、今度は、乗り心地に異様に敏感になってしまった、、、、実際、自分が運転してもエリオの乗り心地はコンパクトクラスでは突き上げが無いのが最大の美点だと思うのだが、先のブランド性、ステイタス性に、この乗り心地を加えた要素で車選びに注文があるのである。

 そういう訳で、即座に車を決めるという状況にはならないのが今の状態。

 それにしても、そんなに大きくなく、MTが選べて積載性に優れた、商用車とは違うような車っていうのは存在しないのだろうか?

|

« 幸せ肥りの原因は、、、、 | トップページ | 学生系軽快車 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エリオ復活&新車物色中:

« 幸せ肥りの原因は、、、、 | トップページ | 学生系軽快車 »