« 勝手なブーム感 | トップページ | タニタの体脂肪測定機能付きヘルスメーター »

2008年10月29日 (水)

次から次へと

 何か知らないけど、ジャンルを問わず、不祥事というか改竄というか、偽装というか、、、そういう事が次から次へと出てくる。食の安全とか、補助金貰いながら総合周産期母子医療センターを掲げたり、或いは、新幹線高架のパネル性能不良前提での出荷とか、、、この傾向は、少し前の自動車メーカーのクレーム隠し、菓子メーカーの賞味期限改竄、建築の強度計算偽装とか、年金の国ぐるみの詐欺行為とか、、、凄い物である。

 多分、それが普通の世の中なんだろう。多くの人の本質にはばれなければOKという意識が潜んでいるのだろう。良心というものよりも懲罰を恐れての確信犯的な意識を殆どの人が持っているんだろうなと思うところ。小さなところでは、犬の散歩で糞をほったらかしというのも結局は同じである。

 愚痴ではないけど、最近の株安、円高で嘆く人も居る。だけど、そのコメントを聞くと、先週から資産が一千万円目減りしたとか、、、でも、運用を初めて一千万円儲けたって話しはしていないだろうから、実際のところ、それって損?って感じだし、、、、そもそも、時価総額って意味が意味無い。時価って概念は、物の価値が物の本質以外で決まる要素が大きいという矛盾が時価の影響を大きくしているだけとも言う。
 株安、円高で悲しい人が居る反面、これを勝機として外貨預金を始めたり、両替に群がる人も居る。多分、そうやって踊る人が、後の状況で損した場合に叫き立てるんだろう。

 大腿、金利差とか、レート差、或いは、株価変動で利益を得るという行為自体が金が目的となっている。金なんぞは、行動の結果であり、結果が金で現れるだけと考えれば、そういう行為に関心は行かないし、騒ぐ事もないような気がする。

 先の、不祥事とか改竄っていうのも、結局、利益を計上して損を食いたくないという心理からのもの。良い物を作るとか、美味いモノを提供するというのが目的ならば、損得勘定は二の次の筈だが、大多数が、ホンネの部分では金が大事って思っているんだろう。

 まぁ、企業においても、建前で仕事を引き延ばして残業手当を稼ぐってのも多いけど、彼らの理由は、休みに家にいてもやる事無いけど、出社したら金になるって理由も聞いたりする。金を稼ぐために勤務するという思いが強すぎると、いい結果を招かないと思うところだ。

 ぶっちゃけた話し、金なんぞ、どうでも良いと思うのは言い過ぎだろうか?全く無いのは困るけど、金のために!って意識が強すぎると、最後に金しか残らないようになるのは、あまりにも悲しいように思う。

|

« 勝手なブーム感 | トップページ | タニタの体脂肪測定機能付きヘルスメーター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次から次へと:

« 勝手なブーム感 | トップページ | タニタの体脂肪測定機能付きヘルスメーター »