« 実体経済って、何が実体? | トップページ | 80年代初頭自転車少年的ブランドインプレッション »

2008年10月16日 (木)

市場は本来コントロール出来ないか?

 日本時間で10/15の夜から開いたアメリカ市場。ダウ平均は前日とは打って変わって再度急落で9000ドルを割り込んだ。この株価の適正値は算定しようも無いが、今後は8000ドルを割りそうな雰囲気だけは感じられた。
 その後、未明に掛けて円高も進行し、再度99円/ドル迄進んでいる。

 ホントは10/17の午前零時に更新掲載する予定の記事だったけど、10/16の朝の東証株価もいきなり9000円割れ、、、、ってニュースなんで繰り上げ掲載する事にした。

 昨晩の日経BPのニュースでもマンション等不動産の売れ行きがバブル崩壊時のレベル迄落ち込んでいるとか、ベンチャー支援の新興市場における株式上場も停滞気味で、その株式市場における資金調達は現実的に不可能との判断が市場から為されている等のニュースが飛び交っていたけど、ここ数年のブッシュ政権追随の日本の構造改革ってモノが格差拡大を生んで、一握りの富裕層と大多数の貧困層というピラミッド構造を更に極端にした結果が今を生んでいるって話し。
 ここ数年の金融拡大は、富裕層が貧困層をネタにした金儲け行動の結果であり、それが疲弊した結果だろうとも言われているようだ。

 何にしろ、金利とか金融とかが主体となった経済活動っていうのは、本来的に中身を伴っていないと思う。金融っていうのは、実際の生産活動に対する潤滑油のようなモノであり、それ自体では意味のないものだと言えるが、その潤滑油が全てを支配するようなボリュームに拡大したのが現代とも言える訳で、その実体活動が要求する金融機能の何倍にも拡大した影響力が今の不安定さを呼んでいるとも言える。

 各国が協調して金融システムの安定化を図るなんて言ってるけど、所詮、ドル資金の供給、破綻防止のための公的資金注入、預金保護ってレベルであり、その行為自体が自由の経済活動によって生じるツケを公的管理によって払うという矛盾を生んでおり、そのツケの代償を最終的にどう処理するか?を見ると、何も期待出来ない気もする。っていうか、代償は次の世代が払うだけであり、今、そういう策を講じる程に将来が暗くなるということで、市場の未来に対するモチベーションが加速度的に失われていくようにも見える。
 株価相場っていうのは、元来、未来への期待度も含まれており、金融システム安定化の措置自体が未来を失うって矛盾を市場は見抜いているようにも見える。

 社会の疲弊による崩壊は、社会全体で等しく受け持つべきであり、そのためにはリスクは、利益を享受した量に相応して払えば良いのが大原則である。そう、一度膨張した組織は、膨張という利益を享受した分、崩壊すれば良いのであり、公的資金注入などせずに、崩壊破綻させて市場に学習させる方が遙かに健全とも言えるのである。
 みんなで一度地獄を見れば良いのでは無いだろうか?天国から地獄への落差は、天国に昇りきった人程多いのは自然の成り行きで、それも良かろうとと思うのである。

 アメリカ経済は完全に壊す。或いは、日本の保護政策で維持された業績で潤っている企業も、実力相応迄衰退すれば良いとも思うのである。

 日本の企業、日本の生活の本来の姿は、多分、昭和30年代後半~40年代のオイルショック迄程度かな?とも思うのは、自分だけだろうか?全ての産業がそれなりに存在し、各産業に従事した人が、それなりに苦労しながらも生活する。こういうのが自然とも思うのである。
 金融操作によって財を成す事が可能となっプレバブルの昭和58、59年以降の倫理観、価値観自体が違和感アリアリなのである。所詮、資源を持たない国では、技術力によって加工した製品で外貨を得るしか無い訳であり、その技術力は絶対的に世界で優位に立たなければ成立しないというのが宿命であり、そう言う意味では、教育こそが日本経済再生の推進力でもある訳だ。教育が教育として機能して、物作りこそ正義という価値観が支配していたのは、昭和40年代迄の話し。その考えに戻さずして健全性は取り戻せないだろう。

 今の金額のみで物事を推し量る習慣を捨てる時期が来ているようにも思う。

 極論すれば、能力の無い人間?は全て貧乏で良いのでは無いだろうか?各人の今の境遇は、間違いなく、個人の責任が最も大きい筈でもある。能力以上の暮らしをしている人全てがどん底に落ちるのは自然であり、それも良いかなぁ?と思うところ。
 勿論、自分の暮らしも破綻して路上生活者に陥るかもしれないが、それはそれで仕方ないか?と、悟っている部分が在ったりするのである。

 今の株価暴落を嘆く人も居るけど、今の株価を作り上げた虚構の数年間のツケが廻ってきただけで、そのツケを払うのは、この数年間で生んだ利益以上となるのは当然の理とも言うのである。

|

« 実体経済って、何が実体? | トップページ | 80年代初頭自転車少年的ブランドインプレッション »

コメント

良く判らないけど、勝手に株価と為替予想。

日経平均株価は年末で10000円くらい
ダウ平均は年末で6000ドルくらい
為替は95円/ドルくらい

そんな気がする。

投稿: 壱源 | 2008年10月16日 (木) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 市場は本来コントロール出来ないか?:

« 実体経済って、何が実体? | トップページ | 80年代初頭自転車少年的ブランドインプレッション »