« お奨め!ダンベルベンチプレス | トップページ | ペダリングと筋肉 »

2008年10月 1日 (水)

歩道、自歩道の不思議ちゃん

 歩道、自歩道を通行している時の不思議。車道でも、時折感じるけど、歩道や自歩道程ではない。

 それは、歩道、自歩道を往来する歩行者、自転車の挙動である。歩行者、自転車の多くは、突然止まる!ってのがある。この突然止まるってのは、進路の方向成分が変化しないだけに対処可能だけど、一番困るのが、突然、鋭角的な進路変更をするという動きである。これは全く読めない事もある。車道での車や単車の進路変更の場合は、進行方向の速度成分が大きいので、進路変更も鋭角的にはならないし、運転者の頭や視線、姿勢を見れば予測が付くので対処可能だが、歩道や自歩道の歩行者、自転車の動きは全くといって良い程、読めない事がある。

 動きが読めない最大の理由ってのは、歩行者、自転車が前を見ずに、下見たり、風景見たり、携帯操作したり、隣と話しっぱなしで移動しているからだ。だから、そういう連中の進路変更というのは、彼ら自身も無意識でふらついていたり、風に煽られたり、或いは不意に動いたりしているので、これは全く読めないのである。

 だから、自歩道を自転車で通る場合は、自歩道内が混雑した状況では基本は徐行となるのだが、道を塞がれるような対向歩行者、自転車と遭遇する場面でも直前の目の前でも相手は気付かない事さえもあるし、真後ろに付いて声掛けしても気付かれない場合さえもある。
 それ故に、一番安全なのは、道幅が十分あるところで、回避すべき歩行者、自転車の直前迄接近し、最大限の側方間隔が取れる方向にスパッとよけるような方法なのかなぁ?と思ったりもする訳だ。

 それにしても、何故にみんな後を見ないでフラフラと進路変更できるのだろうか?と思うところ。怖くてやってられないと思うのは自分だけだろうか?
 少なくとも、自分は速度を落としたり、或いは、進路変更、右左折時には後方を振り返り目視で確認した上で動作に入っているのだが、ここ何年か走行しているホームコースではほぼ100%の人が後方を確認していないようだ。

 他にも、実用自転車に限らず、ショップ朝練?で二列走行するようなカッコイイ着ぐるみを着たロードバイクもそう。こいつら、後に意識無いし、二列で平気で走る。もしかして、自分が自歩道最速とでも思っているのか?と思う程。後からぬこうとしても、二列のまま気付かなかったり、或いは、突然進路変更したり、、、、困りものである。これ系っていうと、多分、自動車の免許は持っていると思うのだけど、、、、、

 そして、後方を確認しない理由を推測するに、、、、

1.免許を持たない歩行者、自転車は見る習慣が無い。
2.高級ロードを乗る人は後から抜かれるという前提が無い。

 ってところだろうか?これは怖いモノである。

 それ故に、娘に自転車のマナーを教える時は、左端の一列走行、前方不注意は不可、ふらつき禁止というもの。後から速い自転車が来たら左端に避けて止まれ。ってこと。
 で、そんな話をニシダサイクルさんでして、幸運にもミッキーさんのバックミラーをプレゼントして貰ったのだが、バックミラーを付ける事で後方にも注意を払う癖をつけさせたいと思うのであった。

|

« お奨め!ダンベルベンチプレス | トップページ | ペダリングと筋肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歩道、自歩道の不思議ちゃん:

« お奨め!ダンベルベンチプレス | トップページ | ペダリングと筋肉 »