« えっ!?また、金利下げるの?それよりも、、、 | トップページ | 加齢性筋萎縮症防止!?効率的筋トレ法は何? »

2008年10月30日 (木)

モノとモノの均衡

 以前、記事で小生意気な事を書いた事がある。

一つは、『700Cは道具、小径は玩具』って記事だ。

http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2008/04/700c_9315.html

で、もう一つが『道具は手段、玩具は目的』って記事である。

http://replica2st.cocolog-nifty.com/diet/2008/04/post_df24.html

が、それだ。

 これは、自分の感想だけど、目的というのが別にあると、それに向かう上での選択肢は自ずと限られるという意である。で、カッコイイのは、その組合せにおいて全ての構成要素の意志が同じ方向に向いているのが該当すると思うのである。

 例えば、速度を求める場合に、純粋に求めるとなると普通に考えて選択肢はフルサイズのバイクに、用途に併せたアッセンブルという事になる。普通に速度を求めて折り畳み小径車を選ぶ事自体がナンセンスである。折り畳み小径車をベースに何かするのであれば、それは速度を求めるのではなく、速度の出るフルサイズに何処まで近付けるか?というのが目的であり、それは似ていても異なるものだと思う。

 そういう感覚で考えると、自分自身は小径車とか遊び自転車にレーシングコンポの最高峰であるDURA ACEなんて使うのは避けたくなるのである。イメージ的には、部品に対して申し訳ないとも思うし、物と物が不釣り合いな印象を抱くからだ。
 逆に、フルサイズのロードモデルでは純粋にDURA ACEなんてグレードは素直に良いなぁと思うのである。これは、物と物が釣り合っているように見えるからだ。

 世の中には一点豪華主義という言葉があるけど、この言葉は、オモチャ自転車にDURA ACEというのとは異なり、ロードバイクで殆どが105構成の中にDURA ACEが一つ存在するって印象を持っている。

 こういう考え方がどうか?は知らないけど、モノにはそう言うバランスというのが存在していると思う。
 更に言えば、人とモノにも間違いなく釣り合いっていうバランスが存在しているように思う。
 人が操作するモノ、モノを操作する人っていうのがカッコイイっていうのは、モノと人が上手い具合にお互いの格好良さを引き立てる関係にある状態であり、人>>>モノならいざ知らず、人<<<<<<モノのような力関係では、モノが可哀想にも見えるし、滑稽で、みっともない感じを受けるのである。

 特に、自転車とか単車とかは、乗り手の様(技量や経験)が一目瞭然なために、そう思うし、もしかしたら、そう思われているかも知れない。実際、二輪車で出掛けると装備云々の前に、オオゥ!って思う人と、アレッ?って思う人の二通りがある。

|

« えっ!?また、金利下げるの?それよりも、、、 | トップページ | 加齢性筋萎縮症防止!?効率的筋トレ法は何? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: モノとモノの均衡:

« えっ!?また、金利下げるの?それよりも、、、 | トップページ | 加齢性筋萎縮症防止!?効率的筋トレ法は何? »