« 歩道、自歩道の不思議ちゃん | トップページ | 糖尿病に効くミネラルウォーター? »

2008年10月 2日 (木)

全国安全週間、で、健康を考える。

 本日(10/1)から一週間、全国安全週間である。勤務先では今月を安全月間と定めている。
 で、朝礼では安全週間に掛けて、健康についての訓話があった。

 その中では、話し手の健康への取り組みの一例が紹介されて、その後、職場の集会で各人の健康への取り組みを発表し合って健康への取り組みで参考になるものがあれば参考にするなど、健康への意識高揚を目的とする取り組みが為される。

 さて、そんな健康ネタだが、なかなか他人の健康への取り組みを自分に取り入れるっていうのは難しいし、実際、健康を得るための手立ても的はずれな意見が出る事も有りそう。下手すると、最近多い、メタボ薬を服用してます!って発表も健康への取り組みって言えなくもない。話しは脱線するけど、薬服用って人ほど、効果が現れているとは言い難い風貌の場合が多いのは、薬の効果が無い?って思ったりする。

 そんな健康だけど、健康といえば、心身とも健康っていうように、身体の健康、精神の健康があるんだろう。
 身体の健康っていうと、所謂、健全で疾病を患っていない状態で、健康診断による診断数値等でも判断できるもの。判断の指標があるもの、物理的な健康状態を示すために、それは健康か否かも判断しやすいし、健康を手に入れる方法も出来る出来ないは別として見つかるのは間違いない。

 しかし、心の健康、精神の健康っていうと、これは相当に難しいのでは無いだろうか?心や精神の健康というと、頭の中で考えた事、思想、つまりは、欲求に対して、どのような気持ちを持っているか?持ち続ける事が出来るか?が鍵である。だから、欲求の方向性が異なれば、心の健康を得るための心の保ち方は千差万別であり、画一的な方法論を提示する事が出来ないように思うのである。
 欲求というと、求め欲しているものだろうけど、何を欲求するか?は、各人の現状における満たされ具合によっても異なるだろう。様々な欲求があるなかで、例えば、名誉欲、承認欲が強ければ、良く思われたいという欲求があるだろうし、それが適わないと欲求不満≒心は不健康ともなるだろうし、遊びたいって欲求が一番なら、経済的、肉体的等々様々な要因で抑制されて遊べなければ欲求不満となるだろう。

 という訳で心の健康っていうと、個人の価値観に大きく依存するために定義しづらい側面があるけど、「健全な心は健全な体に宿る」って言葉は広く知られている。この言葉を生んだユウェナーリスは真理の一面をとらえていることは事実であるとも思われる。ならば、心を健康にするためには、身体を健康にするように努めれば良いということにもなる。更に言えば日常生活を節制し、暴飲暴食を避け、適度な運動を続けることが重要という事。
 そういう日常によって得られた元気な身体が心の健康を支えるために大きな土台となると思うのである。

 心の健康とは、人生の瞬間において望む欲求に対して、その欲求に立ち向かおうとする意欲が芽生えるか否かに掛かっているのでは?と自分は思うのである。欲求に対して最初から諦める状態≒ストレスを溜める事とも思う訳であり、取り敢えず、トライするという意欲が有るか無いか?が心の健康状態を推し量る分岐点のように思うのである。
 諦めるかどうか?は、その時点における現状と欲求を見比べた時に本人が判断するものだが、判断材料の中に負の要因が多い程、諦める確率が高くなるものでは無いだろうか?諦めないというのは、実践前の負の要因が少ない事であり、何かをやろうとする場合に必要と思われる自身の能力(精神、肉体)レベルの高さ次第とも言えるのである。

 そう、心の健康は、トライする心を失わないような判断時における自己能力の高さに比例するもの。その能力因子には、間違いなく健康でパワフルな肉体っていうのは存在する。運動系趣味で楽しもうとしても、元気で健康で無ければ諦めるけど、見合う肉体があれば、その面における躊躇は無い。更に、やり甲斐とか、出世欲、名誉欲というモノでも、望む本人に、それなりの資質(発想、独創性、知識、経験、学力)が備わっていれば、直面する時点において尻込みは無いし、その時点において取り組みの意志を表明できるのも事実だが、その時点における行動判断は、本人の資質次第というのも事実である。

 つまり、心の健康を維持するには、欲求を抑制せずトライする心を生みやすくするような資質を維持することである。その資質の大きな柱の一つが肉体的健康、パワフルさであり、もう一つが、知性、学力、知識、経験といったインテリジェンスである。

 極論すれば、コンプレックスを感じないというのが重要であり、それには心身の資質が大きく影響するのである。

 本当は職場の集会で話せばよい事だろうけど、この先の人生において遭遇する色んな事態に前向きに取り組めるような体力と知性を保つ取り組みこそが健康維持の取り組みであり、身体を鍛え、知識を磨くのが健康の秘訣だと思うのである。

|

« 歩道、自歩道の不思議ちゃん | トップページ | 糖尿病に効くミネラルウォーター? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 全国安全週間、で、健康を考える。:

« 歩道、自歩道の不思議ちゃん | トップページ | 糖尿病に効くミネラルウォーター? »